コルシカ島の世界遺産
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

この旅行記のはじめからご覧になりたい方は、コチラからどうぞ♪

gite 貸別荘やchambre d'hote B&Bなどに泊まる利点の一つが、
そのオーナーや他の泊まり客と仲良くなれること(特に共有スペースがある場合)。
今回も私たちの他に3家族が同じ別荘に泊まっており(皆同じく2歳以下の子連れ)、
毎日帰ってくると、庭で「今日はどこに行った?」のおしゃべりがはじまる。
この3家族のうち1家族(ご主人がフランス人、奥さんがドイツ人、仁奈と1ヶ月違いの男の子の赤ちゃん)は、コルシカ島は2回目ということもあり、
かなり色々なアドバイスをくれた。
私たちがアジャクシオ、ボニファシオ、コルテへ行った後、次に訪れようと計画していたのは「Bastia バスティア」という北部にある港町であったが、
そのフランス人のご主人Sに、そこは遠い割にはアジャクシオとほとんど変わらず、
むしろアジャクシオのほうが見るところは沢山あるよと。
それなら、ここからもっと近いところでぜひおすすめするところがある
と言われて行ったのがこちら。
f0099556_18565772.jpg

コルシカ島の西海岸にあるPiana ピアナという小さな村。
ここはフランスの最も美しい村々( Les plus beaux villages de France )
の一つに選ばれている。
私たちはここでランチをとり、またそのレストランのオーナーが色々と情報をくれる。
この村から見える、あの赤い岩山は一体なに???
f0099556_1944313.jpg

そうなのです。
これが今回のメインイベント。
これは、ピアナのカランケ(地中海に見られる岩だらけの複雑な入り江)
と呼ばれるもので、そのひときわ優れた自然美により、
ユネスコの世界自然遺産として登録されている。
実は、このピアナのカランケに隣接する「ジロラータ湾」「スカンドーラ自然保護区」も合わせて世界自然遺産として登録されており、これら全てはこのピアナの村から12kmほど離れたPorto ポルトという港から出ているクルージングで見ることができると同じ別荘に泊まるフランス人のご主人Sにもレストランのムシューにも教えてもらった。
そして、レストランのムシューにはポルトへ向かう道でも陸からこのピアナのカランケを堪能してねと。
そしてポルトへ向かう途中、目の前に広がったこの赤い岩山。
f0099556_19152131.jpg

ふぉ〜、は〜、ひぇ〜!!!!
そんな言葉しかでない、笑。
f0099556_19163861.jpg

美しすぎよ。
そしていよいよポルト湾につき、この世界遺産「ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾」のクルージングの予約をとろうとしたところ....
3日先まで予約がいっぱいだという(夏のピークシーズンに近づきつつあるため)。
えええぇぇぇ〜、ここまで来てクルーズに乗れないなんてぇーーーーー。
しかし、よく見ると、このクルージング、3時間近くもかかるという。
あれま、そりゃちょっとチビっこつきには長すぎだわなぁ。
と落胆していたところ、またまた道行く人に「ピアナのカランケだけだったら、もう一つの業者から出ているクルーズにまだ空きがあるみたいよ。」と教えてもらい、早速行ってみたらその言葉通りまだチケットが販売されており無事30分後のクルーズに乗れることに♪
そして、今度は海からこの美しいカランケを臨む。
f0099556_19225199.jpg

ボニファシオとはまた全く違う美しさ。
ボニファシオが女性的な優雅な美しさだとしたら、
このピアナのカランケは男性的な豪快な美しさとでも言うんでしょうか。
f0099556_1925084.jpg

こんな形状が自然現象でてきてしまうなんて、本当に不思議。
f0099556_19255749.jpg

何万年もかけて、こんなトンネルもあちこちにできておりました。
f0099556_19264164.jpg

この海の青さを見て下さい!
赤い岩山に青い海が美しく調和している。
f0099556_19281091.jpg

今までに美しく澄んだ海は、特にアジア諸島で多く見たことがあるけれど、
こんな色の海を見たのははじめて。
何色と言えばいいのかな。澄んだターコイズブルー?
まさにこれが「地中海色」なんでしょうね。

ピアナのカランケだけでも約1時間半というクルージングで、Kanabo家大満足。
船から降りた後も、その感動はやまず、J-kunと何度も
「すごかったね〜!」「きれいだったね〜!」を連発、笑。
そして、ポルトの海辺でその感動にしばらく浸る。
f0099556_19325561.jpg

仁奈は、このクルージングも大喜び。
色々な人にバイバイをして愛嬌を振りまいていました、笑。
ポルトの港の気温はなんと37℃!
さすがに、帽子嫌いの仁奈も帽子をしっかりかぶってくれたのは良かったー。

こうして、色々な人に情報をもらいながら行った場所は、
今回のコルシカ島旅行で最も感動した場所となったわけでありました。
皆様に感謝、感謝。
そして、私もこのブログを通して皆様に絶対にオススメ!
ポルトの港には多くのホテルがあるので、
一日ここに宿泊してゆっくりとこれらの世界自然遺産を
堪能されるのも良いかもしれません。
またこのあたりには「トレッキングコース」も多くあるので、
体力に自信のある方は、テクテク歩いてぜひこれらの自然美をお楽しみ下さい。

それでは、コルシカ島旅行記のトリはやはり「食事編」でございます、笑。
Kanabo家の旅行は食事なくしては語れませんからね、笑。
お楽しみに〜♪

f0099556_820289.gif
コルシカの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-07-05 20:28 | フランスの田舎
<< コルシカ料理 コルシカ島の大自然 >>


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ