字の美しい人は心も美しい人.....
昔はよくカードや手紙を友達に送っていた。
色ペンで飾りをつけたりするのも好きだった。
今でも箱いっぱいに新しい便箋やカードが残っている。
私は三人姉妹の末っ子で、上二人の姉は私と違ってとても字がきれいだ。
昔、母に「字が美しい人は、心も美しい人」と聞いたことがあり、
そのため小学校の時、真剣に「日ペンの美子ちゃん」をやろうかと思ったくらい。
しかしインターネットが普及し、大抵の便りは「メール」で済ませるように。
速いし、便利だし。だから、字を書くことも最近ではほとんどなくなった。

そんな中で、フランス語の先生から「フランスでは、子供達が初めて持つペンは
『万年筆』 なのよ、カナ知ってた?」と言われた。子供が 『万年筆』
そう。学校での筆記は 『万年筆』 を使うことが定められているんだって。
それは、一字一字丁寧に文字を書くこと、文字を美しく・エレガントに書くことを
楽しむための訓練だと言う。もちろん子供たちが使う万年筆とは、モンブランのような
高価なそして重いものではなく、スーパーなどで2ユーロ(約280円)くらいから売っている
プラスチック製のもの。でも、それって素晴らしいなと思った。

確かに、イギリスで過ごした小学校時代の遠い記憶の中で、いつも手をインクだらけにして
万年筆を使っていたような覚えがある。ヨーロッパではどこもがそうなのかなぁ。
万年筆なんてそれ以来手にしたことがないような気がする。

久々に 『万年筆』 を使って、手紙でも書いてみるかな.....。
[PR]
by kanabo73 | 2006-04-20 19:14 | パリの生活
<< 今日の晩ごはんは 『Tira ... パリ・行列ができるステーキ屋 >>


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ