コンビニはないが....
パリには「コンビニ」は存在しない。
24時間営業というコンセプト自体が、フランス人の生活論に反するのだろう。
フランスでは、週に35時間以上働いてはならないと法律で定められており、それ以上働いた場合は、その分を足し上げて有休として振替えられる。よって、J-kunの会社でも出勤・退社時にはIDをセンサーに通すと時刻が記録されるシステムに。

そんな中でも、とっても働き者の人がいる。
それは、コンビニの代わりに存在するAlimentationと呼ばれるミニスーパーで働く人々。

f0099556_195212100.jpg


このAlimentationは、うちの近所だけでも6軒以上はあり、野菜・果物・乾物・乳製品・洗剤類・飲料・ワインなどなど大抵のものが揃っている。朝は8時にはオープンし、夜は22時過ぎで閉店。フランスでは、ほとんどのお店・デパートは日曜日はお休みだが(宗教的な背景;日曜日は休息日)、このAlimentationは日曜日も営業している。うちの目の前にも一軒あり、料理中に「あっ、油が足りない!」なんて言ったら、すぐにこのAlimentationへ。

日本にいた時は24時間営業のコンビニなしでは生きられない人だったが、
意外にそんなことはないかも....と思う今日このごろ。
[PR]
by kanabo73 | 2006-07-20 20:00 | パリの生活
<< いってまいります 『アボカド( Avocat )... >>


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ