エレベーター事件

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

土曜日の夜、食後のコーヒーを飲んでいた時のこと。
何やら廊下から「ドンドンドン」とドアを叩く音が聞こえた。
お向かいさんの子供が悪さでもして外に出されたのかなくらいに思っていた。
しばらくしてまた「ドンドンドン!!!」と。
そして今度は「開けて~!!!」という子供のような叫び声が。
こりゃ、かなりひどく叱られたんだな~なんてJ-kunとのん気に言っていた。
しかし、その叫び声はしばらく続いた。
ドア穴から廊下をのぞいても誰もいない。
J-kunとドアの外に出てみると、ほぼ同時にお向かいさんのパパさんが出てきた。
そして声のする方向を見ると....
なんとエレベーターの窓が半分だけ見え、
その中に一人暮らしのお隣さんが半泣き状態でドアを叩いているではありませんか!!!
そうです、エレベーターが階まであがらず、途中で止まって閉じ込められてしまったのだ。
実は、このエレベーターでは何度も同じようなことが起こっている。
オンボロ・エレベーターめ~!!
ドアを開けようとしても、もちろん開かない。
さてこんな時、誰を呼べばいいんだ???
すると、すかさずお向かいさんのパパさんが呼んだ人たちが

"Pompier ポンピエ" 「消防車」

だった。
消防車~??火なんて出てないけど~???
実はフランスでは、このように建物をこじ開けたりする時には消防車を呼ぶらしい。
ものの5分もしないうちに(意外に速くてビックリ!)、
かっこいい消防士の兄ちゃん達が3人ほど来て、
いとも簡単にエレベーターのドアを開けて無事お隣さんを救出!
ヨカッタ、ヨカッタ。
お隣さん、「もうこれからは絶対階段を使うわ!!!」と。

週末に起こった、とんだエレベーター事件。
パリのアパートのエレベーターは大抵1平方メールくらいのミニミニサイズであることは前にお話しましたが、あんなに狭いエレベーターに一人で閉じ込められたら怖いよねぇ~。
もうどうか起こらないでくれよ....。

パリは電車が少しづつ走り出したとは言え、今日もまだストは続いております。
昨日はスト反対のデモがあったらしいけど、そんなんでストが終わるのか?
今週は学校の先生、郵便局、弁護士らのストがあるとか。もうこうなったら連鎖反応?!

そして空もどんより曇り空。気分が滅入りますの~。
f0099556_20505151.jpg


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-11-19 20:55 | パリの生活
<< chou à la crème 「ボジョレヌーヴォー」と「おでん」 >>


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ