カテゴリ:外資系マーケティング( 1 )

昔の大ボスとの再会
このカテゴリで投稿するのは初めて。
別に「外資マーケ」に関することでもないけど、会社の人の話なのでこのカテゴリに。

先週だったか、もうかれこれ4年以上もお会いしてない&お話していない方からメールをもらった。それは、入社してから7年目まで働いていたDivisionのHead(以下Kさん)で、現在は恐れ多くも日本支社の社長。ちなみにKさんは日本人。奥様とご旅行でフランスへいらっしゃることになり、パリにも寄るから是非婚約者も一緒に食事でもしませんか?というお誘いだった。うひょ~、社長御自らお誘いいただいてしまった~。というわけで、昨日久々の再会。
最後にお会いしてからもう4年以上も経つのに、そんなGAPも感じず、昔の思い出話や、ワインの話、フランスでの生活の話、私たちの結婚式の話などで盛り上がり、ゆっくりと3時間半のディナー&おしゃべりを楽しんだ。そして帰り際には、結婚祝いにとっても素敵な花束までいただいてしまった。そう言えばKさんは、昔から人間味溢れるあたたかい方だったなぁ.....と。

まだ入社して間もない頃、新入社員は何かと色んな行事に借り出されるころが多かった。
外国人のお客さんが来た時のランチの準備、トレードの案内、会議などでの通訳などなど。
直属の上司からは当たり前のように頼まれ、私が時間と労力を費やしてもappreciation(感謝・賞賛)の一言もない。そんな中、Kさん自らわざわざ新入社員である私の席のところまで来て「今日はよく頑張ったね。ありがとう。」と。ビックリした。でも、ものすごく嬉しかった。
その時私が感じたことは「やっぱりリーダーになる人ってこういう気配りができる人なんだよなぁ。私もこういうリーダーになろう。」と。

これまでに私は8人の上司と一緒に働いてきた。日本人と外国人が半々くらい。もちろん日本人の上司でも(Kさんのように)appreciationをうまく伝えられる人はいるが、概して外国人のほうがやはりうまいと私は思う。褒めるべきところではタイミングよく褒める。どんなに下っ端でもそれぞれの人をきちんとAcknowledge(認める)し、モチベーションを高める。簡単なようでなかなかできないこと。私はこうした気配りの仕方を、外国人の上司からしっかり学ばさせてもらった。
おかげさまで、今まで一緒に働いてきたチームの人たちとも楽しく働くことができたし、休職中の今も、昔のチームの子たちから多くのお便りをもらう。

やっぱり、一番大切なのは「人」と「人」のつながりだよね。
これからも気配りのできる人間であり続けたいと思う。

f0099556_18525525.jpg
[PR]
by kanabo73 | 2006-06-01 18:54 | 外資系マーケティング


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ