カテゴリ:フランスでの食( 37 )

ジョエルさんの野菜

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

先日、知人のブログで知ったジョエルさんの野菜。
なんでも、その美味しさを讃えられて、
多くのミシュラン三ツ星レストランに野菜を供給しているという八百屋さん。
中には、メニューに「ほにゃららなんちゃら、ジョエルさんの野菜添え」なんて、
わざわざ書いてしまうところもあるほど有名らしい。
そんな野菜、食べてみたい。
一体どんな味なんだろう...。

そんなことを思って3日目のこと。
近所に住む友人から、

「ジョエル・チボーさんって知ってる?あの人のマルシェが、すぐ近くで出てるんだよ。ちょっと買ってきたから、よかったらどうぞ♪」

と言われてもらったのがこちら。
f0099556_6334661.jpg

レタスに、
f0099556_6342520.jpg

水菜。

うわぁ〜い♪思わず手をたたいて喜んでしまった。本当はバンザイして飛び跳ねたい気分だった...笑
食べたい、食べたい、って思ったら、その願いが叶っちゃった!

レタスなんて、ちょっと触っただけでシャキッ!としてて、
水菜も茎が太くて美味しそう。
やはりこういう野菜は、あれこれ料理せず食べるのが一番良いだろうと、
まずはレタスを生のまま、プロヴァンスのレ・ボー村で買ったこちらのオリーブオイル
ゲランドの塩をパラパラかけていただいた。

うううぅぅぅぅぅ.......

思わず唸ってしまうほど、美味しい、涙。こりゃまるで「美味しんぼ」の世界だよ...
何がそんなに美味しいって、味が濃いこと!
なんというかハーブのような深みのある味わいがしてビックリ。
水菜のほうは、サッと湯がいてだし醤油をちょこっとだけかけていただきました。
湯がいてもシャキシャキしてておいじぃぃぃーーーーーーー。

やっぱり美味しいものって違うんだなと改めて思った瞬間でした。Yさん、本当にありがとう♪
しかも、このジョエルさんのマルシェ、
ウチから歩いて10分程度のところに毎週出ていることに今気づいた私。
どうしてもっと早く気がつかなかったのかしら...。
こうなったら、これから毎週でもジョエルさんの野菜を買いに行くぞー!ほんとか?笑

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-11-15 06:51 | フランスでの食

ラクレットパーティー

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

夏の山小屋暮らしで泊まったchalet 山小屋にあったこの機械。
さて、なんでしょう。
f0099556_3443542.jpg

鉄板の下にヒーターがついていて、
そこに個別のフライパンをのせられるようになっています。

答えは、 Raclette grill ラクレット グリル。

『Raclette ラクレット』とはなんぞや?
『ラクレット』とはフランス語で「削るもの」「引っかくもの」の意。
チーズの断面を直火で温め、溶けたところをナイフなどで削いでジャガイモなどにからめて食べることから、この名がついた。スイス全土、スイス国境に近いフランスのサヴォア地方などの伝統料理の1つである(Wikipediaより)。

2年前のサヴォア地方フレンチアルプスでのスキー旅行で、初めて食べたラクレット(詳しくはここをクリック)。ドデカイ棒状のヒーターで、半月のこれまたドデカイラクレットチーズの切り口を溶かし、その溶けたチーズをたっぷりハムやジャガイモなどにからめて食べるという、なんとも罪深い食べ物なのです、笑。
日本でも『チーズフォンデュ』はよく知られていますが、
この『ラクレット』はご存知ない方も多いのでは?

こんなドデカイ機械を使って食べるもの、
もう食べる機会はないかな〜と思っていたところ、
もっと簡易型の機械があることが、この夏再びサヴォア地方を訪れて発覚。
山小屋のオーナーから、
「山小屋にはフォンデュセットとラクレットの機械があるから、
自由に使ってちょうだいね。」と。
チーズ好きの私たちの目がキラリ〜ン♪
というわけで、やりました。
題して「Raclette Party ! ラクレットパーティー!」。
ハム、ソーセージ、ジャガイモ、そして色々な野菜類をグリルにのせて〜、
f0099556_404624.jpg

そして、個別のミニフライパンにラクレットチーズをのせて、
ヒーターの下に入れて溶かします。
f0099556_43985.jpg

そして、トロ〜リ溶けたラクレットチーズを焼けた素材の上にのせてパクッ。
これが美味しいのなんのって!チーズ好きにはたまりません!

この簡易型のラクレット機械は、もともとスイスで一般的に使われていたものらしく(フランスのものは、別途リンクにあるスキー旅行で見たものと同じドデカイ棒状の機械。)、その後フランスでも普及したものだとか。
聞くところによるとこの機械、一家に一台?じゃないけれど、
結構フランス家庭にはあるらしい?!

結局、サヴォワ地方に滞在した1週間のうち2回もやったラクレットパーティー。
LolaことJ-kunママは、コレステロールを抑える薬を食後に飲んでおりましたが、笑。
Kanabo家、そしてJ-kunファミリー、すっかりラクレットが気に入ってしまいました。
そんなわけで、パリに戻ってきてから早速買っちゃったのです。何を?

ラクレットグリルを!

爆。
しかもしかも、私たちだけでなく、
J-kunママも買っちゃった〜、笑。コレステロール、大丈夫ですか〜??笑
嬉しそうにマニラに持って帰りましたよ、はい。
そして先ほど電話で話したら、今週末はムシ暑いマニラで、
チーズとろ〜りのラクレットパーティーをやるらしいです。
なぬ〜??それじゃ、Kanabo家も今週末はラクレットパーティーだぁ♪

こうして私たちの食べ物への興味はエンドレスなのです、笑。

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-08-26 20:42 | フランスでの食

訪問販売

フランスに住むようになってから、
すっかり「日本酒党」(J-kunは「ビール党」)から「ワイン党」になった私たち。
このブログを前からご覧いただいている方々はご存知かと思いますが、
私たちはフランスの主要ワインの産地には全て訪れ
(詳しくは、カテゴリの「フランスの田舎」にある日記を参照下さい)、
地下のカーヴ(倉庫)には、150本近いワインがストックされています、笑。

つい先日のこと。
2年前のVendange(収穫期)の時に訪れたブルゴーニュ地方のとあるドメインで
ワインを購入した時に記載した個人情報(名前と住所)をたどって、
ワインのセールスの電話があった。
何やら私たちに『無料のギフト』があり、
幾つか新しいワインも紹介したいから、自宅を訪問したいという。
「無料のギフト」??そういう言葉に弱い私。
というわけで、J-kunも家にいる日に家まで来てもらうことにした。

そして持ってきた「無料のギフト」は....

名の知れない画家が描いたブドウとワイングラスの絵の印刷ポスター。

ズコ〜ッ!たったのこれだけか〜いっ!!!
やっぱり「無料」という言葉に騙されるんじゃなかった、泣。

そして、いよいよ本題に。
セールスのムシューは大きな鞄から何やらゴソゴソ出してきて、
始まったのがこちら。
f0099556_4154586.jpg

ワインの訪問販売!
さすがワインの国おフランス。
訪問販売って「化粧品」とか「健康食品」とかくらいしか知らなかったけど(日本での経験上)、「ワインの訪問販売」なんてものが存在するのね〜。

結局J-kunが計8種類のワインを試飲し
(私は授乳直前だったので真面目に控えました。←当たり前?笑)、
2種類のワインを計18本買ってしまった私たち、爆。
完全に罠にはまってるぅ〜、笑。
f0099556_4213769.jpg

ちなみに、このムシューFはフランス人にはめずらしく「仏教徒」らしいです。
そんな世間話も楽しんだりしました、笑。


まぁね、ちょっと言い訳をさせていただくと、
仁奈の誕生年である2008年のいいワインを探しておりましてですね。
このムシューがとても美味しい2008年の白とロゼを持っておりまして、ええ。
しかもこれらは10年以上キープできるなんて言われた日にゃぁ、
買わずにはいられません!

ちょっと予定外の出費をしましたが、
初・ワインの訪問販売を体験して、勝手にフランス人になった気分、笑。

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-06-12 20:59 | フランスでの食

幸せな朝食
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

フランスに来てから、よく食べるようになったもの。
それはこちら。
f0099556_453751.jpg

『Confiture;ジャム』。
日本に住んでいた時には、何故かあまりジャムを食べなかった。
まずは、あまり種類がなかったからかなぁ...。
しかしフランスに来てみると、そのジャムの種類の多さにビックリ!
毎回どれにしようかお店の棚の前で迷ってしまうくらい。
私たちのお気に入りは、この『Figues Violettes いちじく』のジャム。
薄くスライスされたパン・ド・カンパーニュを軽くトーストして、
クリームチーズをうす〜く塗って、そしていちじくジャムを塗って食べる。
これにたっぷりのカフェオレがあれば、幸せな朝食♪

以前は朝からソーセージ、目玉焼きなどなどガツンッと朝食を食べていたけど、
真剣ダイエット中の私たちも、こうしてフランス式の朝食をとるようになってきました。
あっ、でも週末はフィリピン式(フィリピンソーセージ、目玉焼き、ご飯)/日本式(干物、納豆、お味噌汁、ご飯)の朝食ですがね、笑。

明日も幸せな朝食♪

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-04-30 04:19 | フランスでの食

サラダな日々
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

フランス料理と言えば、バターこってりなソース、濃厚なシチュー系のものなどを
まずは想像するかもしれない。
でも、それと同じくらいフランス料理に欠かせないものがこちら。

『des salades サラダ』

前菜/メイン/デザートとコースで食べる習慣が徹底しているからなのか、
農業大国で常に色々な新鮮な野菜が手に入るからなのかは分からないけど、
とにかくフランス人はよくサラダを食べる。
そしてフランス国内をあちこち旅行して気づいたのが、
『サラダ』と一言で言ってもフランスにはいろ〜んな種類のサラダがあること。
ツナやアンチョビを使う『Salade Nicoise ニース風サラダ』だったり、
ベーコン、ポーチドエッグをのせる『Salade Lyonnaise リヨン風サラダ』だったり、
砂肝をくわえる『Salade Sud-Ouest フランス南西ペリゴール地方のサラダ』だったり。
もちろん様々なフランス産チーズを混ぜたものもあれば、
ニンジンと干しぶどうをまぜたフランスの伝統的なサラダなんかもある。
そして、どれもドレッシングはオリーブオイル、ヴィネガー、レモン汁、
マスタード、塩/コショウなどシンプルなもの。
こうして色々な種類のサラダがあれば、毎日サラダを食べても飽きがこない。

J-kunと真剣ダイエットを始めてから1週間。
この1週間、とにかくサラダをよく食べました!笑。とくにランチにね。
f0099556_33616100.jpg

こちらは、『Salade Nicoise ニース風サラダ』。
3〜4種類の葉野菜に、トマト、いんげん、オリーブ、ツナ、ゆでたまごをのせ、オリーブオイルとレモンの絞り汁に刻んだアンチョビと塩こしょうを混ぜたドレッシングをかける。

サラダは最高のダイエット食!
引き続き、フランスの色々なサラダを片っ端から食べるぞー、笑。

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-04-19 20:06 | フランスでの食

マカロン・パリジャン
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

フランスのお菓子と言えば、皆さんまず何を思い浮かべられますか?
私はやっぱり「マカロン」ですかね〜。
前にもちょっとお話しましたが、
マカロンは16世紀にイタリアのカトリーヌ・ド・メディシスが
フランスのアンリ2世のもとへ嫁ぐ際にイタリアから持ってきたお菓子で、
イタリアでは「アマレッティ」との呼ばれているそうです。

ひと言で「マカロン」と言っても実は色々な種類があるようですが、
より一般的なのは、「Macarons Parisiens マカロン・パリジャン;パリ風マカロン」と呼ばれるいわゆる間にクリームをはさんだもの。
そのマカロン・パリジャンの作り方を、
実はこのたび習ってきちゃったんですね〜。うっふっふ♪
f0099556_6421271.jpg

もちろん先生は、いつもお世話になっているくみさん。
マカロン・パリジャンの特徴は、このつるんっとした表面と、
焼いた時に底の周りにうにうにと生地が出るところで、
このうにうには「pied ピエ;足」と呼ばれるそうです。

「つるつる頭にうにうにと出た足」

こう言われたら、なんだか余計マカロンがかわいく見えてきました、笑。
f0099556_6505169.jpg

マカロンってとっても難しいイメージがありましたが、
くみさんのレシピはとってもシンプル。それなのにお味は最高♪
どんなに難しいお菓子でも、
初心者向けにやさし〜くしてくれるのが本当に有り難いです。

さて、復習、復習!笑
せっかくフランスに住んでいるんですもの。
これからも、もっとフランス菓子を習おうっと♪
そして、いつかは仁奈にも食べさせてあげたいな。(←ん?贅沢か?)

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-03-25 06:59 | フランスでの食

おいしい時間
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

" Food is a total experience ."
(『食』はそれを取り囲む全ての演出を含んで『食』と呼ぶべき)

フランスにいると、そんなことを感じずにはいられない。
ビストロにせよ、カフェにせよ、その場の雰囲気、演出も含めて楽しみ、
食事でもコーヒー一杯でも、ゆっくりと味わうのがフランス流。
「立ち食い蕎麦」なんてコンセプトは、フランス人には通じないのかもしれない。

こんなことをまた実感させられるようなランチに、先日招待してもらいました。
f0099556_4561485.jpg

お料理上手な日仏カップルのSさんは、3人のかわいいおチビちゃんのママ。
いつもは学校の送り迎えなどで忙しいんだけど、今は学校がスキー休み中で、
上二人の子供たちはお休みの間、義両親宅へお泊まり。
そんなわけで久々にゆっくりと人をよべるから、ランチでも食べに来てと。
f0099556_5161316.jpg

水に浮かばせたキャンドルが、なんとも素敵。BGMはジャズピアノ。
こりゃ、まるでレストランだわさ。
美味しい白ワインを開け、平日の贅沢な時間に女4人で乾杯♪
美しいサラダからはじまり、手作りロールパンまででてきました。
(ちなみに彼女は毎朝パンを手作りしているそう。すごすぎぃ〜。)
f0099556_5121824.jpg

そして、今回のメインはこちら。
f0099556_5152862.jpg

「仏式カレー」。
フランス人のお友達から教えてもらったというこのカレー。
カレーのルーでちょちょいのちょいとできる日本式カレーとは、ちとわけが違う。
一日前から野菜とお肉をカレー粉&その他調味料でコトコト煮込み、
しっかり味をしみこませたもの。
トッピングにピーナッツ、バナナ、ココナッツをお好みでかけて食べるのだ。
これが美味しいのなんのって!!!!
フランス人もカレー食べるんですね〜。でも、全然辛くはないんですよ。
やっぱり、フランス人は辛いものは比較的苦手ですからね。

でもこれで感動が終わったわけではなかった。
f0099556_5265038.jpg

マダムS:はい、これは『コーヒームースとアップルシナモンのケーキ』ね。
私:え?これ、まさか手作りじゃ...
マダムS:そうよ〜♪
一同:ひぃぃ〜!!!!!!!!!
     ホ、ホ、ホールケーキだよ。
     表面に美しい模様までついてる。
     お店で買ったものみた〜い。どういうこと〜???!!!!

とまぁ、鼻息が相当荒くなりました、はい、笑。
やはり料理上手のお友達は持っておくものですね〜。
言うまでもなく、このケーキも非常に美味しく、思わずおかわりまでしましたヨ。
レストランじゃ、↑これはできないもんね、笑。

こうしてあっという間に3時間が過ぎた。
なんとも素敵な『おいしい時間』。
やっぱりこういうのは女同士でやるのが一番だね。

やみつきになりそう、笑。

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-02-27 20:51 | フランスでの食

バター効果
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

今日は仁奈の検診の日でありました。
6ヶ月半で体重7.3kg、身長65cm。どちらも平均値内で問題なし。
やたらと立ちたがる話をしたら、身体に異常は見られないし、
筋肉もそれだけしっかりできていることだから、
本人が立ちたがったら立たせれば良いとのことだった。
ここでも「ハイハイをせずに立つ子はいるからね」と。

そして今回一番聞きたかった『離乳食』の話題に。
どんなものをあげてますか?とDr.Cに聞かれ、
ひととおり今まであげたものを羅列してみる。

「え〜っと、野菜はにんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、大根、かぶ、タマネギ、トマト。果物は、りんごとバナナ。あとは、タンパク質はプレーンヨーグルト、そして炭水化物としてはじゃがいもと....お米なんぞ少々。」
と、『お米』の話は少し遠慮気味に伝えてみる。
前にもお話したように、フランスでは離乳食初期に「お米」をあげることはタブーのように考えられているらしく、他のママ友にはフランス人に赤ちゃんにお米あげてるって言わない方がいいよなんて言われていた。
でも、ある意味Dr.Cの反応を見てみたかった私。
すると、
「お米も?上出来、上出来!ブラボー、マモン(ママ)!」
ほ〜っ。前からも思っていたけど、Dr.Cは色んな意味で考え方がとってもオープン。
つくづくいい小児科医が見つかってよかったと思う。
(ちなみに、後から別のママ友だちにはお米をよしとするフランス人の小児科医もいると聞きました。お医者さんによるみたいですね〜。)

そして、これからの離乳食へのアドバイスを。
日本だとそろそろ「白身魚・卵の黄身・豆腐」などのタンパク質をあげてよい時期。
すると

Dr.C:「そろそろ『お肉』あげていいよ。」
私:「え?『お肉』ですか?『お魚』でなくて?」
Dr.C:「『お魚』ももちろんいいですよ〜。『お肉』は脂肪分が少ない鶏肉から初めましょう。」
私:「はぁ....。」
Dr.C:「大体20gくらいをほんの微量のバターで調理してすりつぶしてあげて下さい。」

で〜た〜!!!さすがフランス人はバター好き!
以前フランス人がどれだけバターが好きかは書きましたが、覚えていらっしゃいますか?(詳しくはこちらへ→フランス人はバター好き)。

Dr.Cいわく、これは「味付け」のためでなく、赤ちゃんの「脳の発達」のためだとか。
知られざるバター効果か?
ほんとかいな〜、笑。
まっ、それが本当かウソはさておき、これからも色んなものを食べさせてみたいので
日本式、フランス式、両方取り入れて離乳食ライフを更に楽しくしていけたらと。
ちなみに、卵は黄身でもまだ早い(アレルギーが出る可能性がある)ので
与えない方が良いと言われました。
お国が違えばいろいろですね。

f0099556_20154661.jpg

最近、どうしても自分で食べたがる仁奈さん。
食いしん坊の道、まっしぐら〜、笑。

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら、応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-02-11 20:24 | フランスでの食

夏のフルーツ

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

8月も最後の週になり、
夏の間はずっとお休みだった近所のお気に入りパン屋さんもまた開店し、
多くのご近所さんもバカンスから戻ったのか雨戸も開き始め、
スーパーの文房具売り場では新学期に必要なものリスト(フランスは新学年が9月からスタートします)を片手に買い物する親子を多くみかける今日このごろ。
夏ももう終わりか~なんて思っていたら、
ここ最近ずっとお天気が悪かったパリなのに、今日になって夏日和。
夏休み最後の週くらいは夏気分を味わせてくれるよう、神様のお計らい?笑

そんな中、マルシェでもスーパーでも今一番あま~いニオイを漂わせているのがこちら。
f0099556_030234.jpg

メロン。
メロンのコーナーで1個とっては鼻に押し付けてニオイを嗅ぎ嗅ぎしている人がいっぱいです、笑。
私も嗅ぎ嗅ぎして、甘いニオイのメロンを購入♪
最近、毎日のように食べている、笑。
フルーツは全般的に好きだけど、私はメロン、スイカ、マンゴーなどの夏のフルーツが大好き♪
しかし、そんなおいすぃ~夏のフルーツを敢えて自分からすすんで食べない人がいます。
それは、南国はフィリピン出身のダンナ様J-kun。
なんでこんな美味しいもの食べないのぉ~??????
理由は、

「食べ飽きたから」、笑。

確かに、メロンにしろ、スイカにしろ、マンゴーにしろ、フィリピンだったら年から年中食べられる、
日常的なフルーツ。フィリピンマンゴーにいたっては、日本なんかじゃ超高級品だけど、フィリピンでは100円出せば4~5個は普通に買えてしまう。

いいんですよ、無理して食べなくても。
メロンだってスイカだって、私が一人で抱えて食べますから、笑。

夏もあと僅か。
今のうちに、た~っぷり夏のフルーツを楽しんでおこう...。


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-08-25 20:23 | フランスでの食

白アスパラ

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

肉、野菜、果物。
ここおフランスは、あらゆる農産物が100%自給自足の国。
そんなわけで、常に新鮮な農産物が手に入る。
春の兆しが見えて、最近マルシェで大量に並び出したものはこちら。
f0099556_1645657.jpg

Asperge blanche 白アスパラ。
白アスパラなんて、日本にいた時には缶詰でしか見なかったような....?
これを茹でて、そのままマヨネーズをつけて食べるもよし。
オリーブオイルでソテーするのもよし。
去年5月にロワール地方へ行った時には、確かベリー系の甘いソースがかかってたっけ。
私たちは、今年初めての白アスパラは、「バターとはちみつ」のソースをかけていただきました♪
f0099556_16483761.jpg

おいすぃ~~~。
こうして、旬のものをこれからもいっぱい楽しんでいこう!


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-04-03 16:50 | フランスでの食


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ