<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

『桜』のお次は『マロニエ』
パリの街を散歩していて、やはりその街路樹の多さに驚く。
街のあちこちに街路樹が植わっていて、緑を楽しむことができる。
そのパリの街路樹の中でも最も多い種類の1つが、こちら。
f0099556_18583212.jpg

マロニエ。
和名は、セイヨウトチノキ。
栃木県の県木である「トチノキ」のお仲間。
f0099556_1904821.jpg

近くで見ると、南国風の花に見えるんだね。
栃木には、会社の研究所があったので毎月1回は必ず行ってたのに、気づかなかったな~、こんな花がこの時期に咲いていたなんて(実際にトチノキは、マロニエのように中心部は赤くないらしいですが)。私がどれだけ周りが見えない慌しい生活をしていたか想像がつきますね(笑)。
f0099556_1934837.jpg

ただいま、このマロニエ、満開の季節でございます♪
あっちにもこっちにも、マロニエ~。
f0099556_1951032.jpg

色は白が主要のようですが、赤色バージョンもあります。おっ!紅白!
f0099556_1962837.jpg


もうパリは夏突入ですよ~♪


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-26 19:09 | パリの散歩道

早々と扇風機
去年は6月頃になって引っ張り出してきた「扇風機」。今年は、もう早々とお世話になることに。
f0099556_21141417.jpg

今日もパリも気温27℃。もちろん、みんな半袖姿。
前にもお話したように、パリにある公共の建物を含む全ての建物の中で、
クーラーが設備されているのは全体のたったの5%。

それ以外は、我が家のように「扇風機」もしくは「冷風機」でしのぐ。
クーラーをつけたくても、室外機などを建物に設置するのは禁じられているし、不可能なのだ。
去年、気温40℃近くまで上がってヒートウェーブ真っ盛りだった7月中旬から8月中旬にかけてはパリにいなかったので、我が家はこの扇風機だけでなんとか夏を乗り切った。

今年は夏もフランスで過ごすことにしたので、今は「冷風機」を買うかどうか迷い中~。
この「冷風機」というのもドデカイ機械で、熱風を外に出すためのホースを窓から出して使うというなんとも旧式なものが一般的らしい。どうするかなぁ~。
今年も扇風機だけでガンバルか?!

でも、窓を開けてると、意外にいい風って入ってくるんだよね...。


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-25 21:29 | パリの生活

夏服に衣替え
今朝4時着のフライトでパリに戻ってきました~。
4泊5日の日本滞在。はやすぎー。でもやるべきことは全てできたので。
しかも、帰りはなんと35kgの荷物で帰って参りました(笑)。まるで買い出しに戻ったよう?!
それにしても、東京は寒かったー。
パリと同じような感覚で行ったら、滞在中一日だけは24℃くらいまであがったものの、
あとは襟元に何かまいてないと薄ら寒い陽気でしたね。4月末って、こんな天気だったっけ?
一方、帰国したパリはすっかり夏!!
去年も思ったけど、パリには日本と同じように四季があっても、春がとっても短いように思う。
春物のセーターを楽しむ時期なんてなくて、冬のコートを脱ぐ季節になったら、
その後はすぐに半袖もしくはシャツ一枚みたいな感じ。

本日もパリの最高気温は28℃。
これだけ暑ければ、スパゲティーストラップのタンクトップ姿の人も見かけます。
f0099556_1283483.jpg

そんなわけで、帰国したその日だというのに、ワタクシメ本日は夏服への衣替えでクローゼットの大整理を一気にやってしまいました。でもこういう時に限って、いきなり来週また寒くなったりするんだよね。それだけは、やめてくれ~。どうぞ、このまま夏に突入して下さい。
これからパリへいらっしゃる方は、半袖必須でございます。
でも、朝・晩は12℃くらいまで下がることもあるので、温度調節ができる薄手のジャケットがあるといいでしょう。

そろそろ時差で苦しい時間帯でございます。
眠気をやっつけるために、ひとっ走りしてくることにしますか。
私、本当に今朝日本から帰国した人?!(笑)


お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-24 10:38 | パリの生活

いよいよ、仏大統領選・第一回投票!
いよいよ明日はフランス大統領選の第一回投票日。この投票により最終候補者2人に絞られ、5月6日の決戦投票で次代大統領が決まる。
今回の仏大統領選では、まだ誰に投票すべきか分からない人が大多数のようで、どこでもかしこでも「誰に投票する?」とフランス人の間では選挙の話題が耐えない。先日、ディナーに招いてくれたエリザベスから「明日うちで皆で開票結果を見るために集まるんだけど、来ない?」とまたまたお誘いいただいたようなのですが....実は、ワタクシ今一週間だけ日本に里帰りしておりまして、残念ながらお断り。それにしても、選挙の開票結果を見ながらディナーだなんて....私が行けたとしても話についていけなさそー(笑)。

今年から「電子投票」が一部で導入されるなどとも聞いておりますが、基本的には投票方法は日本と同じで選挙会場(学校などの施設)で投票者の名前の書いた紙を投票箱に入れるというシステム。ただ微妙に違うところがあるらしい。自宅に届いた選挙カードを選挙会場に持っていくところはよしとして、その後日本をはじめほとんどのアジア諸国では、候補者の名前が全て記入された一枚の用紙をもらい、投票したい候補者の名前に○印をつけ、もしくはその名前を記載して投票箱へ。
しかしフランス語の先生ソフィーいわく、フランスでは一枚の紙につき一候補者だけの名前が記入されており、まずは候補者全員分の紙をもらい、その中から投票したい候補者の紙と選挙カードを封筒に入れて投票箱へ入れる。残りの候補者の紙は丸めてポイッ。ん?なんかシンプルなようで、無駄が多い?
すなわち、今回の第1回投票では12人の候補者がいるので、皆12枚の紙を受け取り、その内11枚は必ず捨てられる運命にある。
お国も違えば、いろいろですねぇ~。
さてさて、明日の選挙はどうなることやら。
5月6日の決戦投票は、現地からしっかりレポートしますからね~♪

というわけで、今はこんなショットを....。
f0099556_16993.jpg

実家にいる愛犬Mimi姫♪(ポメラニアン・6歳)
リビングの4人掛けソファーをいつも独り占めしている。
今日も日向ぼっこしながらウトウト。

ううぅぅ、パリに連れて帰りたいっ!
でも、すっかり両親になついてしまったMimi姫は、私のことをもう相手にしてくれません(悲)。


お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-21 10:28 | パリのひとびと

日本と中国の間にあるもの
まだまだパリ未開拓エリアの探索は続きます。
パリ20区のGambetta近辺をぶらぶら歩いていると、偶然こんな道に出会ってしまいました。
f0099556_1130027.jpg

その名のとおり、「日本通り」。
前にパリには「京都広場Place de Kyoto」」「東京広場Place de Tokyo」がある話はしたが、まさか「日本通り」なるものがあるとは知らなかった。
でもその通りは...フツウの道(笑)。
f0099556_11321446.jpg

おかしなことに、そのすぐお隣の通りの名前は「Rue de la Chine 中国通り」。
なぬ?それじゃ、「韓国通り」「台湾通り」なんてのも近くにあるのかしら?なんて思ったけど、それはなかった(笑)。

日本通りと中国通りに間に挟まれたところには、小さな公園が。
なんとなくそれぞれの国を思い起こすような花があちこちに。
f0099556_11354228.jpg

見事な真っ赤なツツジ。
f0099556_11363266.jpg

これもツツジの一種なのかな。
f0099556_1137372.jpg

花に見とれていると、突然パリのイメージにはないものが目に飛び込んできた。
f0099556_11393919.jpg

それは石でできた卓球台。
マイラケットを持った中国人の少年たちが熱心に遊ぶ。
f0099556_11414717.jpg

石と鉄でできているからか、なんとなくモダンにみえてしまう。めずらしいよね。
この20区は、パリのもう一つのChina Town ; Belleville ベルヴィルが近いこともあり、中国人も多く住んでいるとか。それで中国の国民的スポーツである卓球の台が置かれているのかなぁ...。

パリには、こんな別の顔もあったりする。


お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-19 11:53 | パリの散歩道

誰でも女優になれる場所
デジタル一眼レフカメラを持って散歩するようになって、どんどん行動範囲が広くなっていく。
あそこにも、ここにも行ってみようと興味が湧く。
そして今回、今まで一度も訪れたことがないパリ19区へ。19区と20区はパリの東端にあり、
主要観光サイトがあまりないがために、残念ながら観光ガイドブックには取り上げられていない。
でも、実際には味わい深いパリの別の顔が見られるところ。今回のワタシの目的地はこちら。
f0099556_19544236.jpg

Parc des Buttes Chaumont ビュット・ショーモン公園

地下鉄7bis番線に乗って、Buttes-Chaumont駅を降りるとすぐに目の前に広がるこの公園は、今までパリで見てきた公園とは全く違う印象のある公園。私がいつかはこんな写真を撮りたいと思うParisanpoさんのブログで写真を見て、一目惚れしてしまったこの公園。これは行かねばと早速カメラを片手に足を運んでみた。
f0099556_2011475.jpg

丘全体が公園になったような感じで、真ん中には小さな岩山がそびえたち、
まわりには湖が広がる。
f0099556_2045839.jpg

どこを見ても、全てが『映画のワンシーン』のように見える。
f0099556_2091534.jpg

水の音が聞こえるほうへ行ってみると....
f0099556_20131523.jpg

こんなシーンも絵になるよね。
「いつでも一緒...」
f0099556_2012858.jpg

「上を向いて歩こう...」
f0099556_20143822.jpg


なんだか全てが完璧すぎるほと美しいこの公園。
フランス語の先生ソフィーと話をしていて、その理由が分かりました。
実はこの公園....人工的に作られた公園らしい。昔、この近辺に映画スタジオがあり、
そのセットの一部としてこの公園が使われていたとのこと。

「石とか触ってみるとわかるわよ、本物の石じゃないから。」と、ソフィー。な~るほど。
既にその映画スタジオはパリ郊外へ移ってしまったらしいけど、この公園はそのまま残され一般市民の憩いの場へ。これだけ絵になる公園なので、ここで結婚式の写真を撮るカップルも多いとか。

誰でも女優になれる場所、ビュット・ショーモン公園。
皆様もいかがですか?
f0099556_20242111.jpg



お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-17 20:35 | パリの散歩道

エッフェル塔が走る?!
今年もMarathon de Paris パリマラソンの日がやってきた!
今年でこの国際マラソンは31回目。
例年通り、我が家の目の前の通りもコースの一部に。
f0099556_15581866.jpg

今年はテレビ中継で確認しながら、トップランナーが来たら下へ降りていって通りで観戦!
こちらは男性陣のトップランナーたち。結局右側のケニア出身の人が優勝。
f0099556_15595744.jpg

女性の優勝者はこの人。やっぱりスプリット(ステップ)が大きくて優雅だよなぁ。
f0099556_1621757.jpg

それにしても皆さんの速いこと!時速17km~20kmとかで走ってるだもんね。
これを42.195km続けるなんて....不可能~。
我が家のあたりは、33km地点あたりでちょうど一番キツイところ。
そんなわけで、選手の皆さんの勇気付けにバンドもいたり。
f0099556_1651423.jpg

みんなで手拍子しながら応援する。
車椅子をひきながら走るグループにも声援がとぶ。
f0099556_1691798.jpg

マラソン見学での楽しみの1つがおもしろ格好で走る選手探し(笑)。
今回もいろいろおりましたー。
豚年(猪年)にちなんで(?!)
f0099556_1673041.jpg

う~ん、これは誰なんでしょう....。
f0099556_16111019.jpg

カメラのセッティングをいじっている時に思いっきりシャッターチャンスが!
色が飛んでいますが、これは載せねば。ザ・デビルマン。
f0099556_16125682.jpg

このお方、コニャックマラソンにもこの格好で参加されてました(笑)。
もしかして全マラソン、このデビルマンででているのかも?!

何やら一人だけ飛びぬけて背が高い人が!!
f0099556_16145452.jpg

なに、なに?何故にあなたはそんなに背が高いのか?
f0099556_16154120.jpg

答えはこちら。これでフルマラソンって、かなりハードだよね。ある意味感心。
f0099556_16163760.jpg


でも何よりも今回の一番のヒットはこちら。
f0099556_16173570.jpg

なんと「エッフェル塔さん」!!!
周りにしっかりガードマンたち(?!)も従えております。
f0099556_16191637.jpg

思わず大拍手が沸く。
エッフェル塔が走ってる姿を見るとは思わなかったな~(笑)。
なんだか得した気分?!

本当は私たちもこのパリマラソン(セミマラソンの21km)を走りたかったんだけど、あいにく申し込みが遅れまして....(笑)。というわけで、来る今月末に南仏ニースで開催される国際マラソンのセミマラソンに参加予定で~す♪その際に南仏旅行もちょろっと楽しむ予定です(本当は、そっちのほうが楽しみだったりしてー)。
またしっかりご報告しますね♪

パリマラソンを見た後は、私たちもいざトレーニングへ。
選手たちに感化されて、いつになく良い走りができた感じ?!
私たちって、なんて単純なんだ?(笑)。


お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-16 16:29 | パリの生活

ピクニック日和♪
この週末で、パリの半袖人口は一気に増えた。
最高気温も25℃まで上がり、日中は汗ばむくらいの陽気。
こんないい天気には、フランス人が好んですることと言えば「pique-nique ピクニック」。
日向ぼっこが大好きなフランス人は、ピクニックもだ~い好き!!
フランス語で「Pique-niquer ピクニケ」という動詞が存在するくらいだからね(笑)。そんなわけで私たちもフランス人にならって、On va pique-niquer ! さぁ、ピクニックへ行こう!ということに。まずはJ-kunにどんな食べ物を持っていく?と聞くと、すかさずJ-kunは...
「Spaghetti!!! スパゲッティー!!」。
はっ?スパゲッティーですかぃ?南国フィリピンでのピクニックでは、ピクニックと言えど食べるものは「フツウの食事」らしい。豚の丸焼き(「レチョン」と言います)とかを持っていくことなどもあるとか?!さすが、豪快なフィリピン人。とりあえず今回は「手で簡単に食べられるフィンガーフード」にしようねと
・スモークサーモンとアボカドの巻き寿司
・鶏肉の竜田揚げ
・バゲット
・チーズ
・ワイン
を持参し、いざ出発!
目的地は、エッフェル塔ふもとの公園Parc du champs de mars シャンドマルス公園へ!
f0099556_2250774.jpg

おります、おります。いっぱい、日向ぼっこ&ピクニック客が!
f0099556_22505677.jpg

木陰に座る人はほとんどいなく、みんなしっかり日を浴びます(笑)
私たちは大きな木を見つけてその下にピクニックシートとお弁当を広げて、
早速ピクニックに仲間入り♪
f0099556_22493018.jpg

エッフェル塔をこんな間近に見ながらピクニック。なんという贅沢なのでしょうか。
f0099556_22524993.jpg

周りをみると、みんな意外に簡単なピクニックランチを持参している。ワイン、チーズ、バゲット。
ハムなんかそのままパッケージに入ったまま持ってきて、その場で即席バゲットサンドイッチを作ってみたり。しっかりお重につめたお弁当と塗れたお手拭まで持ってきているのは私たちくらい(笑)。
みんな、気軽にピクニックを楽しむからこそ慣れているんだね。

お腹もいっぱいになったら、すぐにゴロリンちょ。気持ちいいねぇ~。
そして大きく深呼吸すると、プ~ンと草のいい香りが。
f0099556_2314164.jpg

こうして草の香りを嗅いだのなんていつぶりかな。
草を触るとひんやり冷たくて気持ちが良い。
このパリジェンヌちゃんも同じ思いなのか、裸足でお散歩。
f0099556_233493.jpg


ワインですっかりほろ酔い気分になってしまったワタシ。
涼しいそよ風がまた眠りをそそる。
小鳥のさえずり、ピクニック客の笑い声がだんだんと聞こえなくなっていく....。
J-kunが隣りで本を読む中、ワタシはそれから2時間ほどお昼寝を楽しみました(笑)。

やみつきになるね、この幸せな時間。
f0099556_22593995.jpg



お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-15 23:19 | パリの生活

13日の金曜日はラッキーデー?!
今日は13日の金曜日ですねぇ。
子供の頃、特にあの映画『13日の金曜日』が流行った時期には、この日が訪れるとちょっとドキドキしたりもしました(笑)。大人になってからは、そんなこともすっかり忘れて、日の終わりになって
はじめて「あっ、今日は『13日の金曜日』だったんだねぇ。」なんて気づくことも。

13日の金曜日は、英語圏の多くとドイツやフランスなどで不吉な日と信じられている日ですが、実はここフランスでは逆の発想で稀に訪れる『幸運な日』とも言われています。
そのため、この日ばかりと宝くじがバカ売れするらしい。
今日、街を歩いていて気づくとこんな張り紙が。
f0099556_2116233.jpg

「13日の金曜日特別宝くじ(LOTO)!1500万ユーロが当たる!」
ほんとかなぁ~。
LOTO宝くじは、こんな看板のあるカフェやタバコ屋さんで簡単に買える。
f0099556_2119475.jpg

案の定、この看板があるお店には人がいっぱい。
13日の金曜日を不吉な日とするより、ラッキーな日と思うほうが、楽しいよね。
フランス人のこういう発想、好きだな。

さて、今日はいいことがあるかな~?
f0099556_21245823.jpg



お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-13 21:28 | パリの生活

もしもし、カメよ~。
昨年、アパルトマンで大浸水があってからもうかれこれ4ヶ月ちょいが過ぎた(詳しくはこちらへアパルトマンの大浸水で....ありがたや~)。
そして今も尚、壁のヒビ割れはそのまま。
長い長いプロセスを経て、ダメージの状況を確認するために今日保険会社の専門家がやってきた。去年12月に浸水が起こって、まずは保険会社に損害の報告をすぐにし、それから損害が出てくる1ヶ月後くらい(水の損害はしばらくしてから現れるため)に専門家がやってくるとは言われたものの、待つこと3ヶ月でやっと保険会社から専門家がいついつやってくるという手紙が届いた。そして今日、視察。遅いぃ~。

専門家にどのように浸水が起こったかを説明し、損害を確認してもらった。
実はご近所さんから、約7年前くらいに私たちが住んでいる部屋で同じようにお風呂場の水道管が破裂したことがあったと聞いた。専門家にフランスでは定期的にチェックや取替え作業をしないのかと聞いたら、「問題がない限り、やりませんよ。」とあっさり。あら、そうなのね(笑)。
幸い損害があったところ;壁、じゅうたん、お風呂場の戸棚は全て保険で直してもらえることに(よかったー!)。そしてその専門家があっさりと「それじゃ、業者に連絡とって見積もりとったらまた連絡して下さいね。」と。
なんですと~??!!全部、自分でやるんかいぃっ!
そうらしい。日本で水漏れなど経験したことがないからプロセスはわからないけど、ここおフランスでは大家・保険屋・水道屋・他修理業者とのコーディネートは全て個人で行わなければならない。
これはエージェンシーのお助けを願うしかない。そこでその専門家に、エージェンシーに直接あなたに電話してもらいますからと伝え、連絡先を教えてもらおうとしたところ、事務所の電話番号のみで携帯番号を教えてもらえなかった。「携帯番号も教えてくれますか?」と聞くと、「安全性のため、携帯番号は教えられません。」何故?すると彼は説明してくれた。「もし、あなたが私の『視察結果』に満足しなくて、夜中に文句の電話をしてこれる可能性があるからね。」と。なんじゃそりゃ~!
実際にそんなことが過去に何軒かあったらしい。怖すぎっ。そんなこと私はしませんから安心してくださいねと伝えたものの、まぁルールはルールだから仕方ない。

しばらくしてエージェンシーが遅れてやってきた。
状況を説明すると、フランスでの通常のプロセスを説明してくれた。
これから2・3の業者に連絡をとり、それぞれの業者に再度アパルトマンへ来てもらって見積もりを提出してもらい、それをまた保険会社に提出して承認をもらい、やっと修復作業が開始できる。一体この長いプロセスと言ったらなんなんでしょう....。頭の中でこの歌が流れる。

もっしもっし、カメよ~、カメさんよ~♪

エージェンシーが、「まっ、夏までには全ての作業を終えられるように目指しましょう♪」と。
な、夏ですか?それって、また3・4ヶ月先?
まぁ生活に支障を来たすようなものでもないからいいことにしよう。
被害の大きさによっては、修復作業が終わるまで家賃支払いをストップする人もいるらしい。
これだけ長いプロセスだったら、当たり前だよね。

冬にすっかり葉が落ちたマロニエの木にも、そろそろ若葉が生えだした。
f0099556_17473075.jpg

この木がすっかり葉で埋め尽くされる頃までには、全ての作業が終わる....かな?

私も、こんなフランスの「のんびり生活」に慣れてきた。


お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-12 17:57 | パリのひとびと


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ