<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

夏のSOLDES戦闘開始!
日本でもいよいよ夏の大バーゲンシーズン開始ですが、こちらパリでも夏のSOLDES ソルド;
セール
が昨日6月27日(水)からスタートしました!
パリでは年間2回の大きなソルドがあり、一番大きいと言われているのが年明け早々に行われる冬のソルド、そしてもう1つがこの夏のソルド。

こちらのソルド、何がスゴイかって....
デパートはもちろんのことながら、個別店舗、スーパーなども最大50%OFF!
しかも、プラダ・エルメス・バーバリー・クロエなどなどの高級ブランドでも最大50%OFF!
初日は、お店が朝8時からオープン!
そして、ソルド期間中の最初の何週かの木曜日は夜22時まで営業!
ソルド期間は、6月27日から8月上旬までの約1ヶ月強!

やはり早めに行ったほうが掘り出し物有り。
そんなわけで初日に街に繰り出してみましたが、人・人・人の波~!!!
あいにくカメラは持参しなかったので写真はないのですが...。
フランス人は、この日は会社をお休みしてソルドへ行く人も多いとか。
そのため、ビジネスマン風の人もいっぱい!
おしゃれ好きなパリジャンたちも、こうしてソルドで戦って(?!)いいものをゲットするのかしらねぇ。
これからパリへ来られる方は、お買い物チャンスですよ~♪
ましてや観光客ならこれに追加して免税12%だから、すごいディスカウントだよね。

私は「人混み嫌い」なので~(笑)、昨日はサクッと自分のお気に入りブランドだけ見て
こちらを購入してサクッと帰ってきました。
http://www.zadig-et-voltaire.com
f0099556_20163128.jpg

例のごとく、このフレンチブランド「ザディック エ ヴォルテール」は、既にSAZABYグループによって日本でも展開されているようですね~。
http://www.sazaby-league.co.jp
ほんと、日本にないものはない...ね。
でも、こちらで買ったほうが安い...よ。少なくともセールの時期は。

さぁて、みんなで自分にご褒美買わなきゃですね~♪
私も週末はJ-kunと一緒に、またソルドに戦いに行きます!(笑)


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-28 20:29 | パリのショッピング

16世紀の家...
いつでも楽しみはMAXに!と思うJ-kunと私。
そんなわけで、日帰りで十分楽しめるプロヴァンの中世祭りを泊りがけで行くことに。
私たちが泊ったホテル?家?は、こちら。
Chambres d'hotes au Prieuré Saint Léonard
f0099556_2259164.jpg

Impasse du Prieuré
77151 Montceaux-lès-Provins
Tél : 01 64 01 22 32 or 06 76 97 27 80
e-mail : cetdbouchard@aol.com

重厚な石造りのこの家は、16世紀に建てられたものらしく、外観からも歴史の香りが漂う。
こちらのクラシックカーも絵になるね~。
f0099556_2305827.jpg

オーナーはChristine & Daniel BOUCHARDと呼ばれるご夫妻で、到着早々暖かく歓迎してくれた。そして建物の中に入ると....(ここからは夜の写真)
f0099556_2345663.jpg

おおお!気持ちは高ぶるものの、なんだか恐れ多くて話す言葉がヒソヒソ話になってしまう(笑)。
そして階段を上がっていく...。
f0099556_2361874.jpg

床はこんな感じで、木と石の造り。コツ、コツと足音が響く。
f0099556_2393739.jpg

そしてこちらが私たちの部屋のドア。ふるっ!
f0099556_23115223.jpg

中へ入ると、こんな素敵なベットが♪
f0099556_23123721.jpg

ベットの反対側にはゆったりとソファ。とにかく部屋が大きい!!
f0099556_23133775.jpg

これまた古そうなゲートの先は...
f0099556_23141654.jpg

キュートなバスルーム兼トイレ。
f0099556_2315218.jpg

これでもか~!!ってくらい、(恐らくマダムの趣味で)飾られているが、
色の統一感があるので何故か違和感がない。
f0099556_23164296.jpg

J-kunと部屋を見渡して、思わずひとこと" So charming !! かわいい!! "
こうして私たちは、素敵なお部屋でお化けに出会うこともなくグッスリ眠りについた。

そして翌朝、前日にマダムに「朝食はこちらにご用意いたします」と案内されていた場所へ行くと...
f0099556_23195085.jpg

素敵な朝食!淹れたてのコーヒーと、オレンジジュース、クロワッサン、バゲット、手作りジャムに
裏の畑で採れたというBioの果物(有機)。
こちらが、プロヴァンの有名な薔薇の花びらのジャム。こちらも手作り♪
f0099556_23231018.jpg

プロヴァンは、薔薇を使った製菓業の中心地で、この他にも薔薇の花びらをはちみつ漬けにしたものや、薔薇のキャンディーなど色々ある。薔薇の花びらのジャムのお味のほうはというと、
意外に爽やかな味!というわけで小さな瓶を1つ買って帰ってきました。

こうして私たちはプロヴァンの中世祭りのみならず、古い16世紀の家での宿泊も楽しんだわけで
あります。ちなみにこちらのホテル、2名で1泊なんと朝食つきで80ユーロ!!
こちらの相場で行くと、なかなかお安いお値段でございます。

皆様もプロヴァンで中世のホテルに泊ってみませんか?


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-27 23:39 | パリから日帰り

中世の食生活
前回の日記「中世へタイムスリップ!」で、プロヴァンの中世祭りのお話をしましたが、
今日はその中でもどんな食べ物がお祭りで見かけられたかご紹介しましょう。
やっぱり、食べ物には皆興味あるもんね(笑)

街のあらゆるところで見かけたのが....薪木で焼く肉の丸焼き
f0099556_23424278.jpg

子豚の丸焼きも。かわいそうだけど....木の香りがしっかり染み付いて、美味しかったよ~(笑)
f0099556_23433550.jpg

揚げたパンと生ハムを合わせて食べたり、
f0099556_23494092.jpg

f0099556_23501270.jpg

ソーセージを玉ねぎと煮込んだものや、ハムと溶かしたチーズをパンの上にのっけて食べたり。
f0099556_23484356.jpg

どれもシンプルだけど(当たり前?)とっても美味しかった。
お酒類は、大抵甘めのお酒が一般的に当時は飲まれていたようで、りんご酒シードルやHypocras イポクラと呼ばれる甘いワインなどを、牛の角から作った容器で飲む(大きい角は、ラッパとして使われていました)。
f0099556_23541035.jpg


もちろん、お菓子類も。定番のクレープも、当時はこんな風に焼いていたんだね~。
f0099556_23552223.jpg

釜で焼いたパンの間にチーズまたはチョコレートをはさんで。
f0099556_23592091.jpg

私が一番気に入ったのは、こちら、Fondant au pomme フォンダン・オ・ポム
f0099556_004042.jpg

パン生地にりんごのスライスをのせて、サッと油で揚げて砂糖をまぶして食べる。
これがなんとも美味~♪1回食べて美味しかったので、わざわざ戻ってもう1つ食べちゃった。

中世の食生活も悪くない?!
そんなこんなで、このプロヴァンの中世祭りは一日中たっぷり楽しめるお祭りなのでした。
本来であれば、「日帰り」で十分行ける場所ですが、私たちはせっかくなので一泊で行き、土・日ともこのお祭りを満喫しました。というわけで、次の日記では私たちが泊った素敵な中世のホテルをご紹介しましょう♪
お化けはいません、ご安心を(笑)


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-27 00:05 | パリから日帰り

中世へタイムスリップ!
6月23日・24日の週末は、毎年1回行われるFete Medievale de Provins プロヴァンの中世祭りへ行ってきました~♪
http://www.provins-medieval.com
f0099556_632981.jpg

実は、フランスに来るまで南仏の「Provence プロヴァン"ス"は知ってても、「Provins プロヴァン」という別の町があることすら知らなかった私。
f0099556_641629.jpg

このプロヴァンは、パリから東に約100kmのところにあり、中世の歴史建造物が多く残るこれまたユネスコ世界遺産に指定されている街である。そのプロヴァンで、毎年6月のこの時期に行われるのが「中世祭り」。街中が中世にタイムスリップする。
f0099556_645047.jpg

一歩城壁の中を入ると....
f0099556_663012.jpg

f0099556_691492.jpg

f0099556_6102454.jpg

まるで"Lord of the Rings" " Brave Heart " " Robbin Hood " の世界!!
街内の交通標識は見えないようにワラ袋がかけてあったり、木で覆われてあり、道路にはワラが。とにかく凝ってます!!!
f0099556_6191743.jpg

主催する地元の人たちはもちろんのこと、訪れるお客さんの半分以上は中世の衣装をまとっている。何気にナイスバディーなロード・オブ・ザ・リングの妖精?!
f0099556_6132027.jpg

あのテンプラー騎士団まで!!
f0099556_6155949.jpg

そして、こんなかわいいテンプラー騎士もおりました。
f0099556_6165297.jpg

年配の人だけでなく、10代・20代の若者たちもカップルや友達同士で同じテーマの衣装を身にまとって一緒になってこのお祭りを楽しんでいる。改めて、フランスでは老若男女問わず自分たちのルーツ・文化・歴史に誇りを持っているんだなと感じた。素晴らしいことだよね~。

街内では、当時の様子をとことん再現していて、こうして食卓を囲む風景や、
f0099556_631295.jpg

金属職人の作業風景なども。
f0099556_6323397.jpg

まだ金属が熱いうちに色々ねじったりして、はい出来上がり。
f0099556_6334687.jpg

中世の時代に流行った伝染病「ペスト」の患者に扮した人もいたりして、
f0099556_6414867.jpg

なんとそれらの患者が隔離されていた光景も再現されている。芸が細かいね~。
f0099556_643012.jpg


もちろん当時の様々な娯楽もあちこちで再現されている。
こんな騎士同士の勝ち抜け合戦があったり、
f0099556_6354585.jpg

あちこちで楽隊が中世音楽を奏でていたり。
f0099556_6365989.jpg

f0099556_6373075.jpg

f0099556_638262.jpg

そしてその音楽に合わせて踊る人々。
f0099556_6384443.jpg

こんな古い操り人形の劇もあれば、
f0099556_6392056.jpg

鷹のショーなんかもあったりする。これはスリル満点でかなり面白かった!!
f0099556_6403431.jpg

こんなに写真を載せても全然紹介しきれませ~ん(笑)
この他にも当時遊ばれていたゲームの催し物などもあったりして、とにかく大人も子供も皆楽しめる工夫がされているプロヴァンの中世祭り。
皆様もぜひ来年機会があれば行ってみてください!

ちなみに、食べ物は何か特別なものはなかったのかって?
ありましたよ~、中世の食べ物が。
せっかくなので、次の日記ではその中世の食べ物についてご紹介しますね~♪


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-25 15:58 | パリから日帰り

眠らない夜
昨日、6月21日夏至の日は、お祭り好きなフランス人が眠らない夜を迎える日である。
この日は" Fete de la Musique 「音楽祭り」"と称して、街中で様々なジャンルのアマチュアミュージシャンたちが夜通し演奏を披露する。路上はもちろんのこと、美術館の中、広場などなど、それはそれはもう大騒ぎさ~。

去年はサンジェルマンあたりでこのお祭りを楽しんだので、今年はマレ地区あたりへJ-kunと他友達たちと繰り出す計画をしていた。夕食を家で済ませ、出かける前にソファでちょっと一休み。
そして、「1エピソードだけ」と言って、マニラで購入してきたアメリカの連続テレビドラマのDVD
(LOST シーズン3!!)を見始めたのが全ての終わり...。
「あと5分...あと10分...」と言いながら、気づいたら既に23時をまわっていた。ガビーン。
J-kunと二人で顔を見合わせて、「去年も見たしね~。今年はスキップするか。」と
やる気なしモード。すぐに友達に携帯メールで行かないことを知らせると、
「ボクもあんまりそんな気分じゃないし疲れちゃったから行かないことにしたよ。」と。
ありゃりゃー、やる気なしモードが伝染しちゃった!

夜中の1時過ぎには、アパルトマンの前の通りが近くでのイベントを終えてお祭り帰りの若者たちでいっぱいに。いつもの静かな夜とは違って、車の通りも激しいし、救急車も何度も通っていく。また酔っ払った若者たちが事故でも起こしたかなー。
こうして、結局私たちの今年のFete de la Musiqueは「祭りの後の騒音」だけに終わってしまいました(泣)。やっぱりちょっとでもお祭りをのぞきに行けばよかったなー。

この時期から秋にかけて、パリ市内ではFete お祭りが続く。去年私たちが行ったものであれは、タグの「年間イベント」をクリックいただくと一覧が見られますので、
ご興味がある方はどうぞ♪

さて、次の最大のお祭りは7月14日のフランス革命記念日!
今からプランたてて、今度こそはやる気モードで臨みますよ~!!!

この週末は、これまた年間イベントの1つ、Provins プロヴァンで行われる「中世祭り」
行ってきまっす♪パリ在住の方で週末のご予定を考え中の方は、ぜひ行かれてみては?
電車でも車でも1時間くらいで行ける、日帰り距離内ですヨ。
http://www.provins-medieval.com

それでは皆様、どうぞ良い週末を。
Bon week-end!


応援クリックが更新の励みになります!
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-22 18:49 | パリの生活

南仏名物『タペナード』
ディナーの前に、オードブル・おつまみと一緒に一杯やる。
お客様続きで、こういったオードブル・おつまみ系のレパートリーもだんだん増えていっている。
パテとかディップ系をいっぱい用意するだけで、ちょっとオシャレに見えてしまうしね(笑)
今日はその中でも最近私の凝っている一品をご紹介しましょう♪
f0099556_18193863.jpg

こちらは、Tapenade タペナードと呼ばれるオリーブをふんだんに使ったペーストで、
南仏プロヴァンス地方の名物でもある。
バゲットに塗ってもいいし、こうして写真のように一口サイズのトーストに塗って食べてもおいしい。作り方はいたって簡単!!

<材料>
・黒オリーブ          20個
 (なければ、緑のオリーブでもOK)
・アンチョビ           3切れ
・ニンニク            2かけ
・バジル             適量
 (乾燥バジルでもOK)
・オリーブオイル        大さじ2杯
・レモン汁            大さじ1杯

<作り方>
・材料全部をミキサーにかけてペースト状にする。以上!

本当はここに「ケッパー」(スモークサーモンなどとよく合わせてある緑色のつぼみのピクルス)も加えるんですが、ワタクシメはこのケッパーが苦手なもので....省きました。
お好きであれば、ミキサーにかける前にぜひケッパーも入れてください。
皆様もぜひ南仏名物『タペナード』をお試し下さいませ~。とっても美味しいよ♪


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-20 18:44 | フランスでの食

やっぱりアジアンビーチが一番!
あっという間にフィリピンステイを終えて、パリに戻って参りました~。
そしたらなんとパリはグググッと気温が下がってて、本日も16℃!
あぁぁ、あの常夏の太陽が恋しいぃぃー。
f0099556_170175.jpg

確かにフィリピンは湿度が90%近くあって息苦しいけど....、
マッサージは1時間250ペソ~400ペソ(約500円~800円)でできるし、
どこに行くにも運転手つきだし、
フィリピンマンゴーも最高においしいし...。
そして何よりも、マニラから車で2時間ほど走れば美しいビーチが楽しめる♪
f0099556_1784857.jpg

フィリピン人が皆口を揃えておすすめするビーチは白砂のビーチBoracay Island ボラカイ島。私も過去に2回ほど行ったことがあり、このボラカイ島よりも美しいビーチは未だかつて見たことがありません。
しか~し、ここはマニラから飛行機に乗って行かなければならないので、時間が限られた今回のステイではそこへ行くのは諦めて、1泊2日で行ったのがBatangas beach バタンガスビーチというところ。
f0099556_17132571.jpg

限りなく透き通った海♪
f0099556_17151322.jpg

ここはダイビングスポットとしても知られているようで、
ビーチ自体は砂利・珊瑚が広がり、素足で歩くのはちょいと無理。
ビーチベットで寝ると丸焦げになるので(笑)、Cavana カヴァナにマットレスをしいてもらって、
そこで本を読んだり、昼寝をしたり。
海から吹くSea Breezeそよ風が気持ちいぃぃ~♪
f0099556_1718402.jpg

南仏のフレンチ・リヴィエラもいいけど、
やっぱりアジアンビーチが私は好き♪

f0099556_17201016.jpg


でもそんな思い出に浸っている暇もなく、パリへ戻って早々また我が家はお客様続き(笑)。
さて、今度はフランスの夏を楽しむぞ~!!
だから、もうちょっと晴れてちょーだいっ。


『フィリピン』の風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-19 17:28 | Mabuhay!フィリピン

ちょっとだけ...
ちょっとだけ...マニラに里帰りしてきま~す。
来週の土曜日には戻るので、本当にちょっとだけ...。
J-kunの親友の結婚式に出たり、
ちょっとだけビーチを楽しんだり、
マッサージを毎日やったり(笑)

そんなわけで、ブログは1週間お休みします~。
またさ来週♪

f0099556_16482751.jpg

[PR]
by kanabo73 | 2007-06-08 16:48 | ひとり言

お馬さん
先週から遊びに来ている大学時代の友人Hちゃんが突然「馬が見たい!」と言い出した。
馬~???
というわけで、私たちはパリ北駅からTer長距離列車に乗ってChantilly シャンティイの町へ。
f0099556_22505962.jpg

この町の観光名所は、15世紀にフランソワ1世の側近を勤めていたモンモランシー公によって建てられたシャンティイ城と、彼の孫にあたるコンデ公が後にヴェルサイユ宮殿の大庭園も手がけたル・ノートルに造らせたフランス式庭園。(ちなみに、このお城は日本の姫路城と姉妹協定を結んでいるそうです。)また、この町にはフランス最古の競馬場シャンティイ競馬場があり、多くのサラブレッドが調教されている場所としても有名。
f0099556_23175721.jpg

お城はロワールで散々見てきたので今回はスキップし、同じ敷地内にある18世紀に作られた
大厩舎を見ることに。
f0099556_23191870.jpg

日本では、品質の良い軍馬を調達することが目的で競馬が発達したと言われているが、フランスの競馬の歴史は「貴族同士の自慢」が発端で、それはそれは優雅なもの。なので、フランスにある競馬場の多くは、お城や避暑地などと隣接していることが多い。

このシャンティイ城の大厩舎の敷地面積は4000㎡。かつては100人以上が働き、馬240頭、犬500匹を飼育していた場所で、現在ではMusee Vivant du Cheval 生きた馬の博物館として公開されている(入場料 大人9ユーロ)。
f0099556_23231491.jpg

何故、「生きた馬の」博物館と呼ばれるかというと....
f0099556_2324533.jpg

本当に、生きた馬に出会えるから。
博物館内には、スペインとフランス産の約30頭の生きた馬がいる。
f0099556_23501419.jpg

たとえば...ロマンスグレーの「たてがみ」を持つミスター・ピカソ。
f0099556_2358274.jpg

たてがみを三つ編みにしてた、ちょっとヒッピーな感じのエンペラーくん。
f0099556_003530.jpg

美しい毛並みを持つブラックビューティーエルメスさま。
f0099556_02360.jpg

などなど。
そして、この広大な厩舎内には馬に関するあらゆるものも展示されている。
f0099556_2351092.jpg

こんな古いメリーゴーランドの馬も。
f0099556_23273236.jpg

サラブレッドって、18世紀にイギリスでハンター用に使われたアラブ馬を競争用に品種改良したのがはじまりなんだってね。なので、こんな置物もありました。
f0099556_23335837.jpg

HERMESなどの高級ブランドも、もともとは「馬具」のメーカーだったんだね~。
そして「ブランド」という言葉も、もともと馬具や馬に焼きごてでつけたマークのことをそうよんでいて、のちのち馬具メーカーのマークのことをブランドとよぶようになったとか。ご存知でした?
f0099556_23492618.jpg

これは、馬の首輪。
f0099556_235442.jpg

中でも見どころは、一日に3回行われる女性騎手による『馬のショー』
f0099556_23552296.jpg

馬に乗る姿って、本当に優雅だよね~。
f0099556_23561948.jpg

ギャロップ、ギャロップ♪
f0099556_04357.jpg

こんなことだって、できちゃいます。
f0099556_045139.jpg


こうして、昨日はいっぱいのお馬さんを堪能したのでした~。馬大好き!!な人は、ぜひシャンティイ城・庭園と合わせて、このMusee Vivant du Cheval 生きた馬の博物館へ。パリ北駅から、Creil クレイユ/Compiegne コンピエンヌ行きのTer長距離列車に乗って25分。生きた馬の博物館は駅から徒歩30分弱、シャンティイ城はそこから徒歩10分ほどのところにありますヨ。
f0099556_075672.jpg


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-08 00:20 | パリから日帰り

KIMOCHIWARUI...
またまたフレンチオープンネタでスミマセン(笑)。
運の良いことって、突然やってくるものだ。
J-kunの会社の同僚で、フレンチーオープンのチケットを2枚買ったけど行けなくなってしまったので代わりに行ける人を探している人がいるという知らせが入ったのがおととい。しかもそのチケットは、Philippe Chatrier フィリップ・シャトリエ;での準々決勝だという。私は即答で行く行く~!!と。
あいにくそのチケットは平日、しかもJ-kunはオランダ出張の日。というわけで、今パリに遊びに来ている大学時代の友達Hちゃんと行くことに。早速、6月5日のセンターコートでのドローを調べてみるとなんとどの試合もスター揃い!!1試合目は、先日見たJ-kunのお気に入りIvanovic イヴァノヴィッチと、男勝りなKuznetsova クズネツォヴァ。2試合目は、世界ランキング女子1位のHenin エナンと、初日に試合を見損ねた世界ランキング女子8位のSerena Williams セレーナ・ウィリアムス。そして最後の3試合目が、なんと世界ランキング男子1位のFederer フェデラーと、世界ラインキング男子9位のイケメンRobredo ロブレド。すごすぎ。
興奮して鼻血がでそう...。
会社から帰ってきたJ-kunに興奮して話をすると、J-kunが寂しそうな顔して一言

「KIMOCHIWARUI... 気持ち悪い...」

はっ?気持ち悪いぃぃぃ??なんで?
「だって、ボクはその試合見れないんだもん。KIMOCHIWARUI...気持ち悪い...。
だから、その日本語の部分だけが全然意味が通じないってば。
すると、彼が言いたかったことが判明。

KIMOCHIWARUI...
feel(気持ち)bad(悪い).
I feel bad ; 残念だ。

なるほどー(笑)。お腹をかかえて笑ってしまった。
確かに、直訳したらそうなるね。笑っちゃいけないけど、笑ってしまう。
またサインボールを持っていってJ-kunのためになんとかサインをもらってくるから!と
J-kunをなだめて、私たちはその次の日またまたローランギャロスへ。
Philippe Chatrier センターコートやっぱり大きいっ!
f0099556_17434498.jpg

そして、コート真正面にはVIP席が。
f0099556_17503758.jpg

他の席での案内係りはスポーティーな格好している一方で、こちらVIP席の案内係りはエレガントな白ワンピース着用。しかも、観戦客には皆オシャレなchapeau シャポー;帽子が配られている。素敵ね~♪

試合は最初から大盛り上がり!!
やはりなんといっても女子・男子共に世界チャンピョンのすごさに圧倒。
女子チャンピョンのエナンは、意外に華奢な人だったけど、テニスはパワフル!
f0099556_17543112.jpg

男子チャンピョンのフェデラーの完璧すぎるテニスは、観客皆が笑ってしまうほど。美しすぎ...。
f0099556_17564571.jpg

世界チャンピョンのプレーが見られて超感動。J-kunには申し訳ないけど、思いっきり楽しませてもらいました。なんとかJ-kunのためにサインを...とも思ったけど、残念ながらこのセンターコートではガードがいて簡単にコート近くまで降りられないような構造になっていた。ありゃりゃ。
またJ-kunが気持ち悪くなっちゃう(笑)。

そんな中、センターコートの試合終了後、他のコートのスコアボードを見ていると、なんと日本のスター;杉山愛ちゃんが、ダブルスでちょうどプレー中だった。試合ももうすぐ終わりそうだし、これはもしやサインがもらえるかも!!とコートへ駆け、門のところで巨大サインボールとペンを持って待ち伏せした。そして待つこと5分、勝利をおさめた愛ちゃんが爽やかな顔ででてきた。
私:「愛ちゃ~ん!おめでとうございまーす!サイン下さいっ!!!」
愛ちゃん:「ありがとー。(サラサラサラ...)」
こうして、私は愛ちゃんのサインをあの巨大サインボールに加えることができたのだ。

家に戻ってJ-kunに報告。
そして、「これで、もう気持ち悪くない?」と聞くと、
「うん、KIMOCHIII....」。
ダメだ、こりゃ(笑)。


フランスの風が届いたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-06-06 18:10 | パリの生活


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ