<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

牛乳とビッケ

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

私、牛乳が嫌い....なんです。
小さい頃は母に健康のために強制的に飲まされていましたが、
その時も飾りストロー(あの、ハート型とかト音記号とかの形をしたヤツです....笑)で
だましだまし飲んだり、最終手段は鼻をつまんで飲んだり。
イギリスに住んでいた時なんて、毎朝新鮮な牛乳が家に届けられ、
これがまた濃いぃぃぃぃ~~~~牛乳で、瓶の淵のところになんだか怪しい白い塊があったりして(オエェ~)、それを見ただけでもうダメでした。

そんな牛乳嫌いの私が、なんとか普通に牛乳を飲めるようになったのは、
母方のおばあちゃんのおかげ。
毎年夏休みに遊びに行っていた奈良のおじいちゃんとおばあちゃんんち。
毎日の夏休みの宿題を終えた後、いつも「お10時」に出してくれた「牛乳とビッケ」。
「ビッケを食べながらなら、牛乳も美味しく飲めるよ♪」

それから、私は牛乳を飲む時には必ずお供にビスケットやクッキーがあるのです。
f0099556_19592079.jpg

おフランス人は、ポテトチップスのようなスナック系よりビスケットやクッキーをおやつ代わりによく食べる国民のようで、スーパーなどでも確実にビスケット・クッキー類のほうが品揃えが豊富。
さて、今日はチョコチップとヘーゼルナッツ入りのクッキーだ~。

皆さんも、牛乳は毎日飲みましょうね....笑。


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-30 20:03 | ひとり言

歩き続けること

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

今日のパリは、あいにくのくもり空。冷たい風がふき続けている。
こんな日は、家でぬくぬくDVD三昧が一番だ、笑。
先週、日本から一番上の姉が年末年始に録画してくれたDVDが届いた。
その中には、私も姉も毎年欠かさず見ている番組がある。
それは、毎年クリスマスイヴに放映される小田和正の『クリスマスの約束』。

私は5つ上の一番上の姉の影響で、小学生の頃からオフコースが大好きだった。
解散後も、小田和正のアルバムは欠かさず聴いていた。
やはり、彼の歌には心に響くものが多くある。
今回の『クリスマスの約束』では、さだまさしとのコラボがあった。
そして、二人が一緒に作った歌が歌われた。

*****

『たとえば....』

話したいことが幾つもある あの頃の僕に会えたら
たとえば迷いながら選んだ道の たどり着く場所について
伝えたいことは他にもある あの頃の僕に会えたら
たとえば 信じていたことの正しさと
その過ちについて
それから不安を胸にうつし 怯えたあの夜の闇も
たとえば ありもしない夢に紛れて逃げたことも

あの頃の僕に告げたいのは
ひたすら そこから ひたすら 歩き続けること
あの頃の歩幅でいいから
ひたすら ただ ひたすら 生きてゆくこと

尋ねたいことが幾つもある 未来の僕に会えたら
たとえば 傷ついたり 愛されたこの生命の重さや
尋ねたいことはほかにもある 精一杯生きたいかどうか
たとえば 奇跡的にめぐり会えた 愛しい人のことを

ここからの僕に言えることも
ひたすら このまま ひたすら 歩き続けること
今のままの歩幅でいいから
ひたすら ただ ひたすら 生きてゆくこと

ひとつだけ言えることは 全ては今日のために
たいせつなことはひとつだけ 全ては今日のために

話したいことが幾つもある あの頃の僕に会えたら
話したいことが幾つもある 未来の僕に会えたら….

*****

気づいたら、目から涙がこぼれていた。
ズシ~ンと心に響いた歌だった。
学生時代の頃、社会人なりたての頃、時には不安を抱きながらも精一杯毎日を生きていた。
失恋をして、苦しい想いをしたこともあった。
仕事でくやしい思いをして泣いたこともあった。
でも、全てがあったからこそ今の自分がいる。
いつでも一生懸命生きてきたから、今の幸せがある。
大切なのは、そのままの歩幅で歩き続けること。
自分を信じて、歩き続けること。
f0099556_22171465.jpg

たとえそれが結果的に間違った道だったとしても、
大切なのは自分が一生懸命やったかどうかということ。
そうやって、これからも「後悔しない人生」を送っていきたい。

今は日本では受験シーズンですね。
実は私も大学受験の姪っ子がいます。
そんながんばる受験生たちへ、
そして今悩み事を持っている人たちへ、
応援メッセージでした!


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-29 20:57 | ひとり言

喫煙?ou 禁煙?

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

先週、日本から来ていた友達とビストロでご飯を食べた時に気づいたこと。

「タバコを吸っている人がいない....。」

そうでした。
去年の今頃、フランス国内におけるスーパー・映画館・病院などの公共施設全てで全面禁煙の法律が執行されたことはお話しましたが(詳しくはこちらへ)、他のヨーロッパ諸国に一足遅れて、
今年1月からレストラン・カフェ・バーなど全ての飲食店でも全面禁煙となりました。

そうかぁ。もうビストロなどに行って、

Fumer ou Non Fumer ? ; 喫煙(席)?それとも禁煙(席)ですか?」

と聞かれることもないのだ。
気づいてみれば、街中の飲食店にこんなステッカーが貼られている。
f0099556_0211374.jpg

禁煙マーク。
タバコを吸いたければ、お外へどうぞ。
f0099556_0224945.jpg

喫煙者も肩身が狭い思いだね~。
f0099556_0233755.jpg

しまいには、灰皿もなく、『ニコチンガムの広告』がテーブルにデカデカとあったり、笑。
f0099556_0245412.jpg


禁煙者の私たちにとっては、嬉しいこと!
さぁて、これでフランスの喫煙率も減るのかな~。
ちなみに、今朝アパルトマンを出たところの廊下にタバコの臭いが充満していた。
いつもはそんなしないのに....。
公の場では吸えなくなった喫煙者のご近所さんが、思いっきり家で吸っているのでしょうか、笑。

さてあなたは、どちら派?喫煙?ou禁煙?


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-28 18:13 | パリの生活

りんごのお話

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

フランス語を習っていて楽しいことの1つは、色々な「比喩的な表現」を学ぶこと。
国それぞれに独特な表現があったりして面白い。
最近習って思わず笑ってしまったのが、

" Tomber dans les pommes "

という表現。
直訳すれば、

「りんごの中に落ちる」

となりますが、実はこれ

「気絶する」

という意味を持つのです。
なんで『pomme りんご』なのかは、フランス語先生のソフィーも由来は分からないとか。
それにしても、おもしろ~。

そして昨日は、またまたくみさんのお菓子教室で「りんごのお菓子」を習ってきました♪
f0099556_19103874.jpg

こちらは、バターとお砂糖たっぷりで焼き上げた「 Tarte fine aux pommes りんごの薄型タルト」♪これにバニラアイスなんか添えちゃったりした日にゃ~、たまらんねぇ~。
そして、こちらはりんごのキャラメリゼをふんだんに使った「Gateaux Tatin タタン風ケーキ」。
f0099556_19132893.jpg

しっとりしたりんごのケーキ、これまた最高~♪

ともに、「りんごの中に落ちちゃう」くらい、美味しいぃぃ~りんごのお菓子でした!笑。


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-23 19:21 | フランスでの食

バースデー☆デート

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

土曜日、サプライズ第2弾の日。
夜、メトロに乗って、私たちが到着したのはこちらでした。
f0099556_22321474.jpg

Le Capitaine Fracasse
そう。J-kunが計画していた『サプライズ』とは、セーヌ河でのクルージングディナー
だったのでございます♪
パリに住んで既に2年。
実は私たちはまだこの観光定番とも言える「セーヌ河クルーズ」をしたことがなかった。
セーヌ河のクルーズと言えば、クルージング会社は数多く存在する。
中でもディナー付きのものは、あまり美味しくないところが多いとも聞いていた。
しかし、船の中に入ると....
f0099556_22354694.jpg

なんと満席!
しかも、観光客だけでなく、地元フランス人もいっぱい!
実はこのLe Capitaine Fracasseのクルージングディナーは、数多くの賞を受賞しているシェフ(詳しくは、↑リンクのサイトへどうぞ)が作るコースディナーが出されるのだ。
おおぉぉぉ、J-kunったら良く見つけたね~。
f0099556_2239066.jpg

こちらは前菜。
アスパラガスのクリームスープ、サーモンのディル焼き、フォアグラなどなど5種類の盛り合わせ。そして、私はメインは魚にしました。
f0099556_2241793.jpg

デザートも、3種類の盛り合わせ♪
コース料理はどれも予想以上にお味はよろしゅうございました!
f0099556_2242162.jpg

食事の後には、デッキに出て少し写真を撮ってみたり。
f0099556_2243622.jpg

このオルセー美術館は、私の大好きな美術館の1つ。建物自体が芸術だよね~。
アレクサンドル橋は、相変わらずゴージャスであります。
f0099556_22442794.jpg

こうして改めて思うことは、やっぱりパリって本当に美しい街であるということ。
何度見ても、ため息が出てしまうほど美しい。
パリジャンたちがパリをこよなく愛する気持ちもよ~く分かる。
f0099556_22591420.jpg

J-kunとひとしきり写真を撮った後、テーブルに戻った。
すると.....

" Joyeaux Anniversaire ~ ♪"
という歌とともに、花火付きのお誕生日ケーキが運ばれてきた!
f0099556_2247498.jpg

(写真は、花火をとった後のものです。)
おおおぉぉぉぉ、これまたすごいサプライズ!!!!!
お誕生日ケーキ、二つももらっちゃたよ(前回の深夜のプチ誕生日ケーキを合わせると)。
船上のお客様皆に拍手してもらい、少し恥ずかしくなった。
そして目の前のJ-kunの思いっきりの笑顔を見て、とても嬉しくなって、
少しウルッと来てしまいました、笑。私ってば、単純だねー。
ちなみにこのお誕生日ケーキ、軽くてとても美味しかった~♪

2時間のクルーズを終えて船を下りたら、
エッフェル塔がちょうど定時のキラキラライトアップになっていました。
f0099556_22513369.jpg

J-kun、素敵なバースデー☆デートをありがとう!
家に戻ってから調子にのって、
「ねぇねぇ、明日も何かサプライズないの~???」と私。
するとJ-kunは、

「NO MORE MONEY DESU....。」

爆!
はい、というわけで夢のバースデー☆デートは、これにて終了したのでしたっ!
セーヌ河でのクルージングディナーにご興味がある方は、
ぜひLe Capitaine Fracasseへ!
小さいお子さん連れの方もいっぱいいましたよ~♪


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-21 15:05 | J-kun

深夜0時のJoyeux Anniversaire

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

1月18日。
本日は、ワタクシメの30うんさいのAnniversaire 誕生日でございます♪
既におめでとうメールを下さった方々、ありがとうございま~す!!
幾つになっても、誕生日はうれしいもの。

昨日の夜、テレビをつけながらPCに向かって深夜を迎えた。
メールに夢中になっていた私は、18日になったこともすっかり忘れていた。
すると台所からJ-kunが何かを両手で大事そうに持ちながらやってきた。

" Joyeux Anniversaire ~ ♪ Happy Birthday to you~♪"
f0099556_23343973.jpg

ロウソクを1本立てたプチお誕生日ケーキ♪
思わず顔がほころんだ。きゃ~、かわいいぃぃ。

J-kunと付き合い始めてから結婚期間も含めて、今回迎えた誕生日は10回目。
(出会ってからもうそんな長いこと経っているとは、改めてビックリ!)
その毎回の誕生日で二人の習慣となっているのが、

『深夜0時のお誕生日コール』

誕生日になった瞬間に一番最初にお互いに「お誕生日おめでとう」を言いたくて
お互いがどこにいても電話をしあってた(ほとんどの期間が遠距離だったので)。
今年はお互いに一緒にいるので、単に「お誕生日、おめでとう!」と言われるだけなのかと思ってた。こんなかわいいプチケーキを用意してくれるなんて予想もしておりませんでした、笑。

でも『サプライズ』は、まだ続くらしい。
今日は平日なので、明日の土曜日に何やら企画をしているとか。
なんだ、なんだ~???
「夕方頃に出るから。」
それだけ告げられている。
きゃ~、こういう『サプライズ』大好き♪

やっぱり幾つになっても誕生日を祝ってもらうのは、嬉しいことでございます。
では、皆さんもどうぞ良い週末を!


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-18 14:30 | J-kun

っちは~、魚屋で~す。

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

体調が悪い時には、やはりやさし~味の和食が食べたくなる。
f0099556_21524784.jpg

アジの開き、しじみのみそ汁におかゆ♪
実は、パリでもこんなベリー・ジャパニーズな朝食が食べられるのだ。
パリ在住の方ならご存知の方も多いと思いますが、
日本の干物やお魚類を毎月届けてくれる『北海水産』という魚屋があるのだ。
オランダに拠点を持つこの魚屋は、日本の静岡県沼津市で修業をしたオランダ人の若社長が経営する。アジの開き、銀ダラの西京漬け、サバの味噌漬け、お刺身類などなどバラエティーは豊富。ご近所の日本人マダムたちと一緒に、毎月注文をする。
一番最初に私が注文の当番を受け持った時、
ドアを開けたら2mくらいのこれぞオランダ人!!(オランダ人は、なぜ皆背が高いのでしょう....)というような人が目の前に。若社長だ。
ん?何語で話せばいいんだ?英語?
一応「Hello ~ !」と声をかけてみた。
そしたら、その巨大なオランダ人から発された言葉が

「っちは~、魚屋で~す。まいどありがとうございます!」

しかも訛りもアクセントもゼロ。
思わず、ズッコケそうになった、笑。うっほ~!日本人だ~!
これだけ日本語が達者で、ヨーロッパに住む日本人客を相手にビジネスとは、かなりおいしい話だ。少し割高ではあるが、やはり日本の味が手に入るのは嬉しい。

ちなみに、J-kunもこのベリー・ジャパニーズな朝食が大好物♪
しまいには、「今度、これでお客さんを呼ぼうよ!」との意気込みよう。
はっ?これでお客さん?朝食メニューなんですけど....笑。
まっ、わかりゃしないか。

パリは、今日は曇り空で風も強い。
なんか「台風」がきているらしい。イヤ~ね~。

どうか、J-kunが無事出張から戻ってこれますように。


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-15 22:13 | パリの中の『Japon』

ソーセージサンドイッチ

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
この旅行記の最初からご覧になられたい方は、こちらからどうぞ→ド・レ・ミ~♪

なんだか最近体調がおもわしくなく、昨日からはひどい肩こりからくる頭痛で頭がガ~ンガン。
まるで寝ている私の頭のまわりに、悪魔くんたちがトンカチを持って私の頭がたたき続けているかのよう...笑。朝起きてもガ~ンガン。
楽しみにしていたお菓子教室も延期して、今日は寝たきり病人になりました。
さすがに15時間も寝ると、寝られなくなるもんですね、笑。
少しは頭痛も軽くなったので、気分転換にブログをひらきました。

さてさて、皆様お待ちかねの『オーストリア料理』のお話が残っておりましたね。
「オーストリア料理」ってなにがあるの?
全くもってイメージがなかった私。
実は、オーストリアでは300以上もの豚肉料理&ソーセージ料理があると言われている。
そう、ここは豚肉料理の天国なのだ。
そんなわけで、私たちはソーセージだスペアリブだと食べまくっておりました。
中でもソーセージは、実はこちらのものが一番美味しかった。
f0099556_0471224.jpg

街のあちこちに見かけるファーストフード。
J-kunのオーストリア人の友達に、オーストリアに行くなら絶対にこの
ソーセージサンドイッチを食べるようにと言われた。
f0099556_051383.jpg

兄ちゃんが手際良く、柔らかいバゲットを熱した鉄棒にブっさして穴を開けてあたためて、
そこにソーセージ突っ込んで出来上がり♪
豚肉料理はこの他には有名なのが、Wiener Schnitzel;ウィーナー・シュニッツェル
「ウィーン風シュニッツェル」。

f0099556_0544332.jpg

豚肉(もしくは子牛肉)に薄いころもをつけて揚げたもの。ようは、薄いトンカツのようなもの。
この「シュニッツェル」と聞いて、何か思い出されるものはありますか?
読者さんの中には、多くのサウンド・オヴ・ミュージックファンがいることが判明しましたが、
「My Favourite things」の歌詞はお覚えですか?

" Cream colored ponies and crisp apple strudels,
door bells and sleigh bells and schnitzel with noodles "


そう。この歌に出てきた一品でありますが、実はこのシュニッツェルは「ヌードル」と一緒に食べることはなく、常に「ポテト」が付け合せに添えられます。語呂合わせのために変えられたんですね~。
「ヌードル」と言えば、こんな「ヌードル入りスープ」なんてものもありました。
f0099556_145963.jpg

これは、Spatzle スパッツェルと呼ばれるもので、牛肉のブイヨンスープに野菜とヌードルが入っています。ウィーンの代表的なスープだとか。なんだか親しみのある味でした。このヌードルの代わりに、ポテトとパンを混ぜて作った団子のようなもの(Semmelknodel)が入っているタイプのものもあります。

過去にハプスブルグ家の統治下にハンガリーがあったこともあり、ハンガリー伝統の「Goulash グーラッシュ」と呼ばれるビーフシチューのようなものも試してみました。
f0099556_182069.jpg

もちろんこれらの料理に合わせて飲まれるのは、オーストリアビール。
ビールに肉料理。お隣の国だけあって、ドイツ料理に似てますね。

最後はやはり忘れてはならない、代表的なオーストリア菓子「Apfelstrudel」アプフェル・シュトルーデル。
f0099556_114317.jpg

薄いパイ生地の中にりんごをたっぷり入れて焼いたもの。
これまたドイツでもよく食べられるお菓子であります。

こうして色々オーストリア料理を試してみましたが、
なんだかんだ言って、やっぱり一番美味しかったのは、
街角で食べたソーセージサンドイッチだったような....笑。
私たちってば、安上がり?!まっ、そんなもんですわ。

3泊4日の短いオーストリア旅行はこうして終わりました。
一番最初にお話したように、今回、愛用のカメラを忘れたのが非常に残念でしたが、
次回はザルツブルグ音楽祭の時期(7月~8月)に行けたらいいな~♪

それでは、お次からはまたパリのお話を。

オーストリアの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-14 16:24 | ヨーロッパ旅行

音楽の都

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
この旅行記の最初からご覧になられたい方は、こちらからどうぞ→ド・レ・ミ~♪

前回の日記でもご紹介したように、Salzburg ザルツブルグはかの有名な作曲家モーツァルトが
生まれた地であります。
f0099556_1285017.jpg

彼の生家は、今は美術館として公開されている。
f0099556_1352533.jpg

モーツァルト一家はこのアパートの2階に住んでおり、
1756年に生まれたモーツァルトは幼少時代から父による英才教育を受ける。
彼が3歳の頃から弾き始めたピアノも、この美術館に展示してある。
残念ながら館内は撮影禁止。それを知らずに撮った写真。ブレてはいますが、
なんと、モーツァルトの手書きの楽譜でございます。
f0099556_1415898.jpg

もちろんこの写真を撮った後に、「NO PHOTO PLEASE !!!」と注意を受けました、笑。
それにしても、なんとモーツァルトは最初の曲の5歳で作曲しているって.....。
どんな脳をしていたのでしょうか。
中でも展示品で笑えたのが、「モーツァルトの髪(?)」。
はてなマークがついているので、もちろん確かじゃないのだろうけど。
「モーツァルトの髪入り指輪」なんてものもありました、笑。
誰がつけるんじゃ~!!!!!

ザルツブルグの大司教の宮廷にてオルガニストとして働いていたモーツァルトだったが、
大司教との衝突により解雇され、25歳で音楽の都・ウィーンへ移る。
その頃のウィーンは、ハプスブルグ王朝の帝都でもあり、ここからヨーロッパ数カ国を統治していた。こちらは、ハプスブルグ家の居城;ホーフブルグ宮。
f0099556_2224868.jpg

それはそれは巨大なるお城。ハプスブルグ家がいかに勢力があったかわかる。
当時、皇帝をはじめ、多くの貴族が音楽家たちのパトロン役を務めていたこともあり、世界各地から音楽家たちが集まり、音楽の都としての土台がつくられていった。モーツァルトをはじめ、シュトラウス(ウィーン生まれ)、ベートーベン、シューベルトなどなど、ウィーンほど数多くの有名音楽家が
住んだ街はない。
f0099556_221896.jpg

こちらは、ウィーンのオペラ座。
年に1回行われる「舞踏会」は、ここで行われる。優雅な世界だこと~♪
ここでは、数多くの名音楽家たちが音楽監督として指名されてきているが、
2002年からはあの小澤征爾が就任していることをご存知の方は多いと思います。

モーツァルトは、音楽家としての収入は充分に受けていたにも関わらず、賭博好きであったことも有名で常に財政難に陥っていたらしい。なのでウィーン市内でも、合計13回引越しをしている。
その中で唯一残っている家が、これまた美術館として一般公開されている。
f0099556_2293951.jpg

この他に、モーツァルトが挙式をあげたオーストリア最大のゴシック様式の教会;シュテファン寺院や、彼が最後に作曲した曲「レクイエム」を披露したサン・ミッシェル教会なども周ったり。
f0099556_2383873.jpg


さて、せっかく音楽の都・ウィーンに来たのだから、クラシック音楽を楽しみたいねという話になった。でも、ウィーン・フィルハーモニー・オーケストラの演奏会なんて、1年前から予約はいっぱいと言われている。そんなところに、観光客にはピッタリのものを発見!
f0099556_24830100.jpg

Sound of Vienna
ワルツを生み出したことで有名なシュトラウスが実際に演奏会を開いた場所としても知られているサロンで、ウィーンで名高いサロンオーケストラ「アルト・ウィーン」によるシュトラウスとモーツァルトの名曲の演奏とともに、バレエ・オペラ・ウィーンの民族踊りなど一気に楽しめるという。
観光客にはピッタリ!サロンコンサートなんて、まるで貴族婦人になった気分?!

小さい頃はクラシック音楽があまり好きではなかった私。
しかし、私の父はクラシックが大好きである。
毎・日曜日には、朝起きるとクラシック音楽がリビングルーム中に流れ、そんな中でブランチを家族で食べるのが習慣だった。30代に入ってから、知らず知らずにクラシック音楽を聴くことがが心地よいリラックスにつながっていった。
音楽の都・ウィーンで、サロンコンサートを目を閉じながら聴き、
やさし~気持ちになっていく自分に気づいた。
クラシック音楽って、やっぱりいいな~♪

こうして、たっぷり音楽の世界にひたったオーストリア旅行だったのです。
さてさて、次の日記ではちょっとだけ「オーストリア料理」についてのお話を。
お楽しみに♪


オーストリアの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-09 18:09 | ヨーロッパ旅行

ド・レ・ミ~♪

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

11地方に20都市。
これは、私たちが去年フランス国内を旅行した場所の数。
改めて数字にしてみるとビックリ、笑。
いや~、去年は年初の目標通り、フランスをとにかく満喫した年でありました。
そんなわけで、2008年は、近隣国への旅行から始めることに。
年が明けた1月1日。
私はその日から、J-kunファミリーと一緒に
オーストリアはザルツブルグウィーンへ3泊4日の旅へ行って参りました~♪
f0099556_2019112.jpg

直前に日本にいる姉から届いたらホッカイロと毛糸のパンツを持参して、いざ白銀の世界へ!
と、空港へ向かう途中で気づいたことが1つ。あっ、カメラ忘れた...。
というわけで、今回の旅行記は通常のデジカメでのスナップ写真でご紹介しますね。

私たちがまず向かったのはSalzburg ザルツブルグ。
ザルツブルグと言えば、まず皆様は何を思い浮かべられますか?
クラシック音楽に精通していらっしゃる方なら、すぐにお分かりになることでしょう。
そう、ここザルツブルグは、あの名作曲家『モーツァルト』の生まれ故郷でございます。
おおおぉぉぉ~(←わけのわからない感動の叫び)。

しかし、私たちミーハー一家がまず向かったのは彼の生家ではありませんでした、笑。
もう1つ、この地に由来するとても有名なものがあります。ヒントはこちら。

「ド・レ・ミ~♪」

そうです。
ここは、あの名映画『サウンド・オヴ・ミュージック』の舞台となった場所なのであります。
f0099556_2027479.jpg

1965年に放映されて以来、未だに根強い人気のあるこの映画。
1回でも観たことのある方は多いことでしょう。
これは1930年代に実際にこのザルツブルグであったお話がもととなっていますが、
このハリウッドの映画自体はあまりオーストリア人は観たことがないそうな。
『オーストリア=音楽の国』という強い誇りを持っているオーストリア人だけに、観光客がサウンド・オヴ・ミュージックのツアー目当てにやってくるのはあまり快く思っていないらしい。
でもね~、人気があるものは仕方がありませんがな~。
そして、私たちももちろんそのツアーに参加しました、笑。
f0099556_20331920.jpg

Sound of Music Tour
映画の撮影で使った様々な場所を訪れ、ガイドは映画の裏話や、
実話と映画の違いなど細かに説明してくれる。
こちらは、ヴォン・トラップ・ファミリーの家(室内)の舞台となった場所。
f0099556_20452547.jpg

美しいアルプスの山に囲まれている。
長女リーゼルがボーイフレンドのラルフと「Sixteen going on Seventeen」を歌った
ガズィボ。
f0099556_20495227.jpg

7人の子供達が木登りを楽しんだ街路樹。
f0099556_20505212.jpg

こちらは、マリアがいた修道院。
f0099556_2048093.jpg

かの有名な「ドレミの歌」が歌われた山は、
モーツァルトの母の生まれ故郷Mondseeというところでありました。
f0099556_20535837.jpg

バスの中では映画の幾つもの名曲が流され、すっかり映画の世界に!
みんなで「ドレミの歌」を合唱♪まるで小学校の遠足気分でございます、笑。
そういえば私は中学校2年生の学芸会で、このサウンド・オヴ・ミュージックの劇をやって、
マリア役で全校生徒の前で独唱したっけな~、笑。今思えば、恥ずかしい....。アハハッ。
f0099556_20571626.jpg

美しいザルツブルグの田舎を4時間たっぷり堪能して、あっという間にツアー終了。
f0099556_2114528.jpg

言うまでもなく、私たちはパリに戻ってから再度『サウンド・オヴ・ミュージック』の映画を観ました、笑。この映画のファンなら、絶対におススメのツアーですよ~♪

では、お次は「正統な音楽の世界」へご案内することにいたしましょう。
モーツァルトにモーツァルト、モーツァルトの世界です!


『サウンド・オヴ・ミュージック』の歌が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-01-08 21:06 | ヨーロッパ旅行


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ