<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いい湯だな~♪

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

最近の私の楽しみの一つ。
f0099556_3104546.jpg

日本から送ってもらった温泉の素を入れてぬるめのお湯で長いお風呂を楽しむこと♪

ここフランスでは、お風呂は欧米スタイル。
すなわち長めのバスタブにお湯をはって、湯船の中でカラダを洗う。
でも、やっぱり日本人としてはきれいなお湯にゆっくりつかって一日の疲れをとりたいもの。
お水を入れたグラスと本を持ってのんびりお風呂。
いい湯だな~♪アハハン♪

しかし、この楽しみを理解できない人がいる。それは、J-kun。
フィリピンは年から年中暑い国であるため、「あったかいお風呂にゆっくりつかる」
なんていうコンセプトが存在しない。よってバスタブすらない家も結構あったりする。
しかし一日に2回;朝・晩とシャワーを浴びるのだ。しかも、かな~りぬるま湯。

四季のきちんとある国に移り住んで、このお風呂の楽しみを理解できるようになるかな~と
一瞬期待もしたが、どんなに寒い日でも、どんなに疲れた日でも、
J-kunはサクッとシャワーですませてしまう。
こんな気持ちいいものを楽しめないなんて、はぁ~、もったいない、笑。
国際結婚では、お互いの生活習慣の違いなどを目の当たりにするが、
私たちの場合は、この「お風呂の習慣」くらいが違うだけかな~。
日本とフィリピン、遠い親戚のような国ですもんね。

さぁて、今日は箱根・別府・白浜、ど・れ・に・し・よ・う・か・なっ!


皆様の応援クリックが更新の励みになります♪ここをポチッとお願いしますね!
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-27 21:15 | パリの中の『Japon』

無痛分娩・宣言

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

7月の出産に向けて、5月末以降からの産院での予約スケジュールが届いた。
その中で、出産1ヶ月前に「『麻酔医』との検診」とあった。
そう、ここフランスでは「硬膜外麻酔」を使った「無痛分娩」が一般的。
フランス全体で見れば約6割、
パリだけでみればなんと9割の出産が無痛分娩で行われているそう。
日本では、「無痛分娩」と言えば「胎児に悪い影響を及ぼすのではないか」などとネガティブな意見が多いが、麻酔の量はほんのわずかで、胎児に影響したりはしないという実証もされている。しかも、麻酔が効くのは子宮と産道だけなので、意識もはっきりしているし産声もちゃんと聞けるという。
私は、最初これを聞いて「ヤッター!痛くないんだ~♪」と。ダメな母親でしょうか、笑。
フィリピンでも「無痛分娩」は一般的で、
そのためJ-kunからも前から「無痛で産むんでしょ?」と言われていた。
こんな話をすると、やはり比較的年配の先輩ママさんたちには「でもね~、おなかを痛めて産んでこそ子供はかわいいと思えるのよ~。」と言われる。一方、若いママさんたちには「無痛で産めるなら、絶対無痛のほうがいいよ!」と。

そこで考えてみた。
私は出産の痛さに耐えられるのか。
ちょっと昔を振り返ってみた。

1.まだイギリスにいた8歳くらいの頃、車のドアに指をはさんでツメの部分に大ケガをした。
これで一度ツメを全てはがしてしまえば、キレイなツメが生えてくるよと医者に言われたが、
私は「痛いのイヤだ。」と言ってツメはそのままに。今でも左の親指の爪はガタガタに割れた状態で生えてくる。

2.小学校5年生の時に、八重歯がみつかった。父にこれ抜くか?と聞かれ、私は「痛いのイヤだ。」と言って抜かないままに。今でも八重歯はしっかり残っております、笑。

その他、骨折だったり切り傷で縫ったりなどという経験もあったが、
極力痛みを最小限にして済ませてきたような気がする。
ダメだ。やっぱり、「痛いのイヤだ」、笑。

私は、ここに「無痛分娩・宣言」をいたします!


フランスの風が届いたら、ここをポチッとクリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-26 22:58 | 妊娠・出産ライフ

同情作戦

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

私の妊娠ライフも今週末で19週が経ちます(フランスの数え方では17週)。
毎月のDr.Dの検診も順調。
定期的に行う検査も、フランス語でなんとか対応できております、笑。

先日、2回目の超音波テストの予約を電話でした時のお話。
既にパリ在住3年目に突入し、フランス語レッスンもまじめに続けてきたので、
それなりに会話はこなせるようになってきた。が....電話って、やっぱり苦手~。
会話の半分以上は、言葉以外の要素(表情、トーン、アイコンタクトなど)で成り立っているわけで、それが全くないと100%言葉に頼らざるを得ない。しかも今回は、諸事情により1回目に超音波テストを行った場所とは違う場所に予約をしなければならなかった(普通は、1回目から最後の3回目まで同じ場所で超音波テストを行う)。
そんなわけで、今回も言いたいことを箇条書きにしておき電話をかけた。

受付のお姉さん:「こんにちは。○○○○超音波診療所です。」
私:「こんにちは。2回目の超音波テストの予約をしたいのですが。」
お姉さん:妊娠した日はいつですか?」

日本では最後の生理の初日から妊娠週を数えるが、フランスでは最初の超音波テストで「着床日」を確認し、そこから妊娠週を数えるというシステム。なんだか、生々しいよね、笑。

:「○月X日です。なので、3月X日に予約をしたいのですが。」
(よしよし、ここまで順調だ。)
お姉さん:「○▽◎??**X□##%4月1日<??+○**??」

はっ?なんですか?
集中力が切れ、「4月1日」しか聞き取れなかった。

私:「いえ、私は3月X日に予約をしたいのですが。」
お姉さん:「ハプ~ッ(←フランス人がよぉくイライラした時に、口をプ~ッとしながらする「ため息」)○▽◎??**X□##%3月19日から4月1日<??+○**??」

声色が変わって、一段と話すスピードがはやくなる。怖いぞ~。
よ~く考えてみて、それは2回目の超音波テストをいつの期間に受けろと言われているかの確認だろうと推察した(日本と同じように、フランスでももろもろの検査をする時期は妊娠週によって決まっているので)。

私:「あっ、それは3月17日から3月31日です。なので3月X日に予約できますか?」
お姉さん:「(また)ハプ~ッ、アロ~。14時半はいかがですか?お名前は?」

ここで、私はいつもの『同情作戦』に出ることにした。

私:「○○○○○○○○○○○と申します(私の苗字、本当にこんなに長いんです、笑)。名前からは分からないと思いますが、実は私『日本人』でして....フランス語が上手に話せないんです。わかりづらくて本当にスミマセン。

するとお姉さん、一気に声がワントーン上がり、
「そんな~、気にすること全くないわよ~。ちゃんと言ってること分かるわよ。安心して。日程は良いはね?3月X日の14時半ですよ。わからないことない?(←超やさしい)」
私:「大丈夫です。ありがとうございます。」
お姉さん:「そしたら、3月X日にお待ちしてますね。」

作戦成功~♪
やはり、どんな人もこうやって気持ちのソフトな部分に触れると話しやすくなったりするもの。
これはフランスに限らず、どこの国でもそうですね。
私はこれからも、この『同情作戦』で、いろいろと切り抜けていこう、笑。
f0099556_0552328.jpg

こちらは、刺繍レッスンで「変わりネタ」として習った「ベビーシューズ♪」。
花飾りの真ん中部分に、ちょこっとだけ刺繍が入ってます。
がわいいでじょ~~~~~~~~~。
今回予約した、3月にある2回目の超音波テストで、いよいよ性別がわかります。
すっかり気分は「女の子」ですが(笑)、周りは「男の子じゃない?」という意見が大多数でして...。
さぁて、どっちかな?


フランスの風が届いたら、ここをポチッとクリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-22 20:05 | 妊娠・出産ライフ

すきっぱ前歯は幸せを呼ぶ?!

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

フランスのテレビ番組を見ていて、今まで1つ謎なことがあった。

世界的にも有名な仏人歌手Vanessa Paradis ヴァネッサ・パラディをはじめ、
意外に多くのフランスのセレブたちに前歯の部分が「すきっ歯」の人が多いこと。
f0099556_159477.jpg

なんで?
欧米人はアジア人に比べ歯並びを重んじる人種なので、それこそ矯正して治さないの?
でも、これだけいっぱいいるから何か意味があるに違いない。

その謎が昨日解けたのだった。
実はこの前歯のすきっ歯、フランスでは" dent de bonheur 幸せの歯"と呼ばれ、
幸福を呼ぶ歯と言われているらしい。
何やら、この「隙間」から幸せが入ってくるんだとさ。
うっそ~!!!!!
というわけで、わざわざ治さない人が多いんだって。

意味がわかった今、こういう人を見てももう不思議に思わないが、
やっぱりなんか笑ってしまう私....。だって~、おかしいよね~。
まるで「ピアノの鍵盤」だよ、笑(いや、むしろそれよりヒドイ)。
f0099556_252933.jpg

我が家にある電子ピアノは、J-kunのもの。
たまにピアノを弾きながら歌ってくれます、笑。
私は幼少時代イギリス在住の頃ピアノを習っていましたが、
ピアノの先生の家の玄関に「飼い猫」が座ってると怖くて入れず、
そのままレッスンを受けずに帰ってしまうような、か弱い少女でございました。
(↑今の私からは、全く想像がつかない?!)
それ以来、ピアノは習っておりません。
おかげで、楽譜を読むときは「ド・レ・ミ~」と下から数えないとわかりません、笑。


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-20 19:12 | パリのひとびと

Happy thoughts

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

今日は、国際結婚・遠距離恋愛の読者さん向けのトピックを。

年に3回。

さて、これ何の回数でしょうか。
答えは、J-kunと5年間続けた遠距離恋愛中にお互いに会った平均回数。
ひょえ~!!!!でしょ、笑。
でも、意外にうまく続きましたヨ。
毎回会う時には「はじめてのデート」間隔を味わい、
別れる時には必ず次いつ会うかを決めて、それを毎日の励みにがんばりました。
これ、遠距離恋愛には大切だと思います。
会えない寂しさを考えるよりかは、次にいつ会えるかの楽しみを考えること。
私が寂しがると、いつもJ-kunは口癖のように

" Happy thoughts! 楽しいことを考えること!"

と言っていました。
そんな私たちも結婚してから毎日一緒の生活。
たったの一泊の出張でも、お互い寂しくなってしまうくらいになってしまいました、笑。
それが今回結婚してから初めての「4泊のアジア出張」へJ-kunが行くことに。
そ、そ、そんなぁ~~~~~、泣。
J-kunが荷造りを始めだし、だんだん気分が暗くなっていく私。
そんな私を見て、J-kunはまた「Happy thoughts!!!!4日後に帰ってくる時には、
い~っぱい『ドリアンチップス』(私の大好物)持って帰ってくるよ~。」と私の気を紛らわす。

空港までの迎えのタクシーがつき、ドアでお別れを。
やっぱりそこで我慢の糸が切れて、涙が出てしまいました。
そしてつられて泣くJ-kun、笑。
私たち、正真正銘の「バカップル」です。アハハッ

Happy thoughts !
Happy thoughts !

楽しいことを考えよう!
f0099556_231294.jpg

これ、前にご紹介した「フランス伝統刺繍」の一部。
あの時作り始めていた素敵なアルファベットの刺繍が出来上がりましたよ~♪
f0099556_28402.jpg

今日もご近所マダムTと一緒に刺繍。
私の楽しみの一つであります。


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-18 20:24 | J-kun

おしゃれな妊婦さん

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

そろそろまた「妊婦ネタ」を....。
2007年のフランスの出生率がフランス国立統計経済研究所(INSEE)により発表され、
2を超えた2006年より少し減少した「1.98」だったものの(日本は確か1.25とかでしたっけ?)、
依然としてヨーロッパ一の地位を守ったとか。まだまだフランスのベビーブームは続きます。

そんなわけで、街を歩いていてもベビーカーをひくママさんたちや妊婦さんをあちこちに見かけます。
そこで気づくことが1つ。おしゃれな妊婦さんが多いこと。
素敵~♪
妊婦になったからと言って、おしゃれを諦める必要は全くないんだよね。
私もそろそろお腹がでてきて今まではいていたジーンズがきつくてはけなくなってきた。
しばらくはチャックを空けた状態ではいて、上に長めのトップスを着てごまかしてきたが、
それも限界に達してきた。
そこでマタニティーウェアーを探すことに。
まずは手っ取り早くパリの主要デパートに行ってみたものの、なんだかあんまり種類がない。
あれ~?みんなどこで買ってるんだろう。
そして、ママさん友達に聞いてみると近所にマタニティーウェアーショップがズラズラ並ぶ通りがあるという。素晴らしい~♪

16区、メトロ9番線のLa Muette駅から歩いて3分のrue Guichard ギシャール通り。
さすがファッションの都・パリ!
小さい通りではあるが、マタニティーウェアー専門ショップもいっぱい並んでおります。
f0099556_2014921.jpg

こちらは、その中の1つ、1 et 1 font 3.
かわいいよね~。
オンラインでも買えるみたいです(英語のサイト参照)。
これからは、「妊婦ならでは楽しめるおしゃれ」を楽しんでみようっと♪

あっ、そうそう。
先日どうやら初めての「胎動」を感じました!
お腹の中で「ポコッ」とおならが出る感じ。姉に言ったら「それよ、それ~!」と。
なんだかワクワクします。ウフフッ


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-17 20:13 | 妊娠・出産ライフ

一日遅れのSaint Valentin

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

2月14日のバレンタインデーは、皆様いかがお過ごしになられましたか?
もちろんここフランスでも"Saint Valentin"は、恋人達が愛を交わす素敵な日。
レストランはカップルだらけになります、笑。
そんな混んでいる日にわざわざ外食するのもなんだし、企業のマーケティングにのせられるのもイヤだし、毎日「I love you」は言い合っているし....というわけで、特に当日は何もせず、
J-kunも普通に夜はフランス語のレッスンを受けたり。

でも、結果的には一日遅れでSaint Valentinを祝うことに、笑。
まずは、日中は毎月楽しみにしているくみさんのお菓子教室
チョコレートのお菓子を習ってきました~。
f0099556_126946.jpg

Souffle au chocolat チョコレートスフレ
見よ!この見事なあがりよう!!!
スフレなんてすんごく難しいと思ったら、意外にも簡単にできることに驚きました。
そしてこの他に、ピーカンナッツたっぷりの外サクサク中しっとりのBrownies ブラウニー
習って、そちらはJ-kunのお土産に♪

夜は、私たちのお気に入りのメキシカンレストランでディナー。
ベベちゃんが生まれても、こうして二人だけのデート、楽しみたいナ~。
f0099556_1333417.jpg

Happy Valentine's Day !


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-16 18:16 | パリの生活

信頼システム

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

パリは東から西までの距離がたったの10kmの街。
歩こうと思えば簡単に歩けるが、5分に1つはメトロの駅があり、交通手段に困ることはない。
そんな中、もう1つパリジャンたちに愛用されている交通手段はこちら。
f0099556_223691.jpg

バス。
日本だと、バスは駅から駅の間を走っていることが多いが、パリのバスは街中さまざまなルートがある。そのため、パリの地図にはそれぞれのarrondisement(地区)ごとに「バス専用地図」があるほど。
f0099556_226316.jpg

パリに住み始めた1年目は全くといっていいほど利用しなかったバスだが、意外に周りの友達がバスを利用していることを知り、2年目からは私も使い始め、妊娠した今は特に利用度が高まっている。

切符、定期はメトロと共通。
切符にいたっては、1回までの乗り換えが可能なので、
メトロで使った後1時間以内であればそのまま同じ切符をバスで使える。
しかしそのバスの切符・定期のシステムが、ちょっと不思議。
一番最初にバスを利用した時のこと。
写真のように2両編成のバスに乗った。
そして後方にある乗車口からバスに乗り込んだJ-kunと私。
手持ちの切符がなかった私たちは、バスの中で切符を買う予定でいた。
そこで1つ疑問が。

「あれ?切符はどこで買うの?」

どこにも切符購入機がない。
切符を売りに来るおじさんもいない。
結局そうこうしているうちに、私たちの降りるべきバス停につき、
私たちはタダ乗りしてしまったのだ~。
?????ありゃ??

そう。パリのバスのチケットは、「信頼システム」で成り立っている。
それぞれの乗車口のそばに「定期のスキャニング機」と「切符のスタンピング機」が取り付けられている。乗車した人は、そこでスキャニングもしくはスタンピングをするのだ。
切符がなく後方の乗車口から乗った場合は、わざわざ前方の運転席まで行って切符を購入。
ただこのシステム、自己申告制。
乗客が皆きちんと申告してくれるという信頼関係が前提となっているが、
何もせずにそのままタダで乗ろうと思えば、実はそれができてしまう。
運転手はいちいち何人が乗ったなんて確認しようもない。
フランス郊外にあるトラムも全く同じシステムなのだ。

こんな信頼システム、フランスでワークするのか?!
フランス人って不真面目なイメージもないけど、
こんなシステムがうまく働く真面目な国民というイメージもない。
よぉく見ると、定期のスキャニングがうまくできなくてもそのまま乗っている人、切符のスタンピングも何もせずに乗り込んでいる若者...結構いる、いる、笑。
確かに見つかればかなりの罰金のようですが、メトロならまだしもバスの中でぬきうちチケット検査をしている光景は見たことがない。
これじゃ、タダ乗りもできちゃうよ.....ね。

さて、こんな「信頼システム」、日本ではワークするかな?


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-13 22:38 | パリの生活

今年3回目の...

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

東京は今年3回目の『雪』が降ったらしいですね~。
せっかくの連休なのに...ね。
こちらパリは、予報通り週末もとても良い天気に恵まれました。
まだまだ冷たい風はふいておりますが、日中お日様が隠れることはありません。

しかし....

わたくしめ、なんとこの週末に今年3回目の『風邪』をひいてしまいました~、泣。
なんでこうなるのぉ~。
「ポカポカ日向ぼっこ日和~♪」なんて調子に乗って、
金曜日にいつもより長めの散歩なんてするんじゃなかった。
鼻水、のど痛、せきの3連発!
妊娠すると抵抗力が低下するといいますが、それを身にしみるほど体感しておりまっす。
まっ、その分、私の栄養素をとことん吸いまくっているお腹の中のベベちゃんが
モリモリ元気に育っているはず。
ということで、ヨシとしましょう。

そんなわけで、週末は土・日ともにJ-kunに看病をしてもらう始末。
土曜日は全く食欲がなかったものの、日曜日には随分回復してご飯も食べられるように。
そしたら、J-kunが栄養(というか、カロリー?)たっぷりケーキを作ってくれました。
f0099556_2242870.jpg

NYチーズケーキ♪
私はチーズケーキは「ベイクドチーズケーキ」より「レアチーズケーキ」派なんだけど、
このNYチーズケーキは両方のあいのこみたいなものなんだね(初めて食べた...)。
レモンとオレンジの香りがたっぷりのNYチーズケーキ、とってもおいしかったー。

これで風邪なんてぶっとばすぞ~!!!!
季節の変わり目。皆様もくれぐれも体調を崩されぬよう....。


人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-11 22:09 | ひとり言

ポカポカ日向ぼっこ日和

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

パリは、今日もポカポカ日向ぼっこ日和♪
日中は12℃まで気温があがりました。
風はまだ冷たいけど、日向にいくと気持ち~。
こんな陽気になると、カフェの外の椅子もグンッと増えます。
f0099556_420530.jpg

フランス人って、本当に外が好きなんだよね~。
特に、カフェ内も禁煙になったから、これから外でカフェを楽しむ人がもっと増えそう。
ポカポカ日向ぼっこ日和は、週末も続くようです。
パリ在住の方には、いいニュース。
このまま春になるといいですね~。

みなさま、どうぞ良い週末を!


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2008-02-08 18:12 | パリの生活


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ