<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

二段階の味
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

10ヶ月にもなると仁奈の食欲もどんどん増えてきました。
日本の離乳食の本によると、9ヶ月頃から既に離乳食は3回へ移行するようですが、
フランスではまだこの時期でも小児科医からは「2回のままで」と言われています。
ただ、お嬢様は3時の授乳後もまだお腹がすくようで...。

そんなわけで、最近では「おやつ」を少しづつあげるようになってきました。
前に、バゲットをフィンガーフードとしてあげていると書きましたが、
最近はこんなものをあげてみたり。
f0099556_22591046.jpg

米、麦、キビ、蕎麦でできた軽いおせんべい(Galettes)。
スーパーで「健康食品」として売っております。
本当は赤ちゃんせんべいをあげたいところですが、
これまた日本食材屋に毎回買いに行くのも...ねぇ。

あとは、ちょっと甘い系のものだったらやはりこちら。
f0099556_22595243.jpg

たまごボーロ。
前に宣告したとおり、Kanaboマミー、手作りしましたよ♪
レシピは、愛用のcookpadから。
色々なレシピを試しましたが、これが一番!
口溶けが良くて、おいすぃ〜。

先日、日本からフランスへ「ワインの旅」でいらしていた元上司にも、
「どれどれ、ひとつ食べさせてみてごらん。」と言われ、
手作りたまごボーロをおすそわけ。
すると、

「う〜ん、これはうまい!ボーロって、『二段階の味』があるのは知ってるかい?」

と。

「最初に口に入れた時の味と、ス〜ッと溶けた後に口に広がる味と違うんだよ。」

まるでワイン?!笑。たまごボーロってそんなに奥深い味だっけか。
そして、最後に「合格!」と言っていただきました、笑。

そんな合格印が出たたまごボーロは、やっぱり仁奈の大好物♪
f0099556_2331473.jpg

J-kunダディーの毛むくじゃらの足が、ちょっと邪魔ですね。スミマセン、汗。
仁奈も『二段階の味』を感じてるのかな?笑

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-31 23:09 | 子育てライフ

奇跡を信じて
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

人生の中で起こる出来事は、
必ず「意味」があって起こるものであることはわかっているけれど、
たまにどうしてもその「意味」が分からないことがある。

なんでこんなことになってしまうんだろう...。

思わず顔をおおって涙を流してしまったお知らせがあった。
それは、J-kunの高校時代からの親友の奥さんで、
一緒に妊娠期を楽しんで(彼女は二人目)、
仁奈と1ヶ月違いで女の子を産んだ彼女が、
「末期の肺ガン」であると診断されたという。

J-kunも私も言葉を失い、しばらく何にも言えなかった。
そして、やはり最初に出て来た言葉は、

どうして...。

今、彼女は最新の医療の治療を受けており、
髪の毛を全て失いながらも病と戦っている。
そして、今はとにかく家族との時間をできるかぎり持ち、
一日一日を大切に生きている。

J-kunの親友Pは、私たちに言った。

「今は、とにかく『奇跡』を信じたい。」

その気持ちは、私たちも同じだ。
彼に、心の支えである彼女を失わさせたくない。
彼女にも、我が子の成長を見させてあげたい。
そして子供達にとっても、ママのぬくもりをいつまでも感じさせてあげたい。

そんな願いを込めて、
今日はJ-kunとこんなものを受け取ってきた(買ってきた)。
f0099556_5161855.jpg

『Medaille Miraculeuse; 奇跡のメダイ』
パリの6区に、1830年に聖母マリア様が現れたと言われる教会がある。
http://www.chapellenotredamedelamedaillemiraculeuse.com
(サイトは英語/スペイン語/フランス語/イタリア語/ポルトガル語のみ)
当時その教会にいた聖カタリナ・ラブレの元に、輝く聖母マリア様が現れ、
「この姿の通りメダイを作ってもらいなさい。そして、そのメダイをを身につける者は大きな恵みを受けるでしょう。」とお告げになられたとか。
1832年に初めてメダイが作られ、多くの人々にメダイが配られると、あちこちで奇跡が起こり始め、瞬く間にヨーロッパ内で広まり「奇跡のメダイ」と呼ばれるようになったらしい。そして今も尚、この教会ではその「奇跡のメダイ」が売られている。
私たちはそのメダイを手に入れ、
教会内で祈りを捧げてもらって聖別(聖なるものとする行為)を受けた。

このメダイを、彼女へ送ろう。
今は、とにかく奇跡を信じたい。

どうか彼女に「奇跡」が起こりますように。

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-30 04:19 | ひとり言

ノン・フライドチキン
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

真剣ダイエット(食事管理+定期的な運動)を始めてから1ヶ月ちょいが過ぎ、
J-kunも私も着々と体重を落としております。
J-kunは4.5kg減、私は2.5kg減。イェ〜イ♪
私の目標はあと3kg減でっす!がんばるどー!オーッ!

ただね、いくらダイエット中であっても食べたいものって、ありますよねぇ。
私たちの場合は、「フライドチキン」。
外はカリッ♪中はジューシ〜♪ハフハフ言いながら食べるのが、これまた最高。
でもね、あんなに油でしっかり揚げたものは食べちゃぁいけないよね...と。
そんな中、J-kunがこんなものを作ってくれました。
f0099556_4593563.jpg

「ノン・フライドチキン」。
そうです。これは揚げていないフライドチキンなのです!!!!
どういうことぉ〜?なんかのマジック?笑。いえいえ、違います。
衣にコーンフレークとクラッカーを砕いたものを使い、
それをオーブンでじっくり焼いたものなのですよ〜。
これが、まさに「外はカリッ♪中はジューシ〜♪」に仕上がっちゃうからビックリ。
J-kunシェフ、執念でこのレシピをネットで探しましたね、笑。

気になる方のために、レシピを載せておきましょう。
さぁ、これから皆様も「ノン・フライドチキン」。
で、ヘルシーライフ?笑。

***************************************
【材料】2人分
・鶏もも肉
・塩クラッカーをフードプロセッサーで細かく砕いたもの       1/2カップ
・プレーンコーフレークをフードプロセッサーで細かく砕いたもの   1/2カップ
・チリパウダー                      ティースプーン3/4杯
・パプリカ                        大さじ1/2杯
・卵                           1個
・プレーンヨーグルト                   1カップ
・マスタード                       大さじ1杯
・塩/コショウ                      適量
・オリーブオイル                     大さじ1杯

【つくり方】
1)オーブンを190℃にあたためる。
2)クラッカー、コーンフレーク、チリパウダー、パプリカ、オリーブオイル、塩、コショウを混ぜ合わせる。
3)ボウルに卵をとき、そこにヨーグルト、マスタードと塩少々を加えてよく混ぜる。
4)鶏肉を3)にしっかりつけ、そのあと2)をつける。
5)オーブンで約45分〜50分焼いて出来上がり♪

***************************************

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-28 20:51 | 私のお気に入り

Kiki
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

仁奈さん、手に持っているものは何かなぁ?
f0099556_584877.jpg

先日パリに遊びにきた姉一家から、ちょっと早めのお誕生日プレゼントをもらいました。
それはこちら。
f0099556_511205.jpg

『モンチッチ』
本当はかわいい赤いセーターを着ていたのですが、
何度着せても仁奈が脱がせちゃうもんで、汗。


実はこのモンチッチ、フランスでも売られていて、『Kiki』という愛称で親しまれています。
モンチッチが日本で発売されたのが1974年。
そしてフランスに入ってきたのは、その4年後の1978年。
日本では一時発売中止になったものの、フランスでは78年の発売以来、
ず〜っと売られ続けて多くのフランス人に愛されているとか。

ちなみに、モンチッチのサイトによると、『モンチッチ』の名前の由来は
フランスにも関係することをご存知でしたか?サイトの説明を抜粋すると...

「モンチッチ」はフランス語の「モン」(”わたしの”という意味)と
「プチ」(”小さく可愛いもの”という意味)でわたしのカワイイもの。
またモンキーのモンとおしゃぶりをいつもチュウチュウと吸っているので「モンチッチ」という名前がつけられました。


なるほどね〜。
ただ、残念なことにフランスでは『モンチッチ』とは呼ばれていないのよね。
だってだって、フランス人には『Monchhichi;モンチッチ』とは発音できないものー。
「ch」は、「シャ」とか「カ」「キ」などの発音になり、
「チ」という発音はフランス語には存在しません。
というわけで、フランス発売時には、
前述の通り『Kiki;キキ』と改名されたのでありました。

実はこのキキ/モンチッチ、私が小さい頃一番お気に入りだった人形。
どこにいくにもいつも一緒。寝る時も一緒。
初めて飛行機に乗ってイギリスに行った時も一緒。
ボロボロになって、何度となく首や腕がほつれても、
母に縫いつけてもらって大事に大事にしていました。

さて、そのモンチッチ大好きDNAが仁奈にもあるかどうか???
f0099556_5293215.jpg

どうやら、あるみたいですね〜、笑。
気づくとモンチッチとお話をしていますヨ。

ねぇねぇ仁奈さん、Kanaboマミーにもモンチッチ貸してよ〜。
f0099556_5315676.jpg

イヤ〜ッ、って顔だよね?↑
ダメ...かいっ、泣。
親子二代でモンチッチ大好き♪

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-26 20:03 | フランスの子供グッズ

Friday night Fever !
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

金曜日の夜のこと。
夜11時近くに、突然外で不思議な音が聞こえてきた。

シャ〜、シャ〜

J-kunと、「ん?雨?」と言いながら外を見ると、こんな光景が目に入ってきた。
f0099556_635975.jpg

おおぉぉ!!!これね、これね。
さて、皆さんにはこれが何かおわかりですか?
それでは、もうちょっと分かりやすい写真をどうぞ。
f0099556_653764.jpg

はい、これはローラーブレードをする人々です。

これは、「Pari Roller」というイベントで、
毎週金曜日にパリ市内を約3時間(10p.m. 〜1a.m.)ローラーブレードでまわる
(毎週ルートは変わる)というもの。
きちんと警察による誘導があり、
これらローラーブレーダーのために道路が一時的に閉鎖される。
一体何人くらいの参加者がいるのでしょう。数百は軽く超えるんじゃないかな。
しかもみんなすんごくうまくて、はやいっ!かっこいいぞー!
f0099556_616584.jpg

夜のパリの街をローラーブレードでまわるなんてステキ♪
まさに、Friday night Fever !!!

いつか参加したいな〜♪
って、その前にもっとローラーブレード練習しなきゃね。
ちなみに、これはやはり「上級者用」のイベントで、
「初級者」には「Rollers Coquillages」という団体により
似たようなイベントが日曜日午後に行われているらしい。

パリの楽しみ方は、果てしなくありますよ〜♪

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-24 21:00 | パリの生活

チョコレート粥
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

フランスには、「 Riz au lait ;リ・オ・レ」と呼ばれる
お米をミルクで煮た不思議なデザートがあるのはご存知ですか?
ミルクにお米?仁奈の離乳食じゃあるまいし、そんなの食べられ〜ん。
(でも、フランス人の友人らは美味しいから一度は食べてみろとすすめますが。)
しかし、先日もっとすごいものを食べる機会がありました。
それはこちら。
f0099556_485925.jpg

「Champorado;チャンポラド」と呼ばれる、
フィリピンの典型的な朝食の一つ、「チョコレート粥」であります。ひぇ〜〜〜!!!
砕いたもち米をココアと砂糖で煮たもので、
食べる時に少量のあたたかいミルクを加えて食べます。これまた、ひぃ〜〜〜!!!
f0099556_4124335.jpg

実際食べてみると、それほどチョコレートの味はしませんが、
やはりほんのりココアの香りがして、あま〜いお粥。なんとも不思議な味。
一体誰がこんなものを考えたのでしょうか。
しかも、「チョコレート」でなんで「朝食」?
それは、このチョコレート粥はこんなものと一緒に食べるから。
f0099556_4161549.jpg

塩辛い魚の干物。
これは、前に「パリ異臭事件」を引き起こした干物の仲間で、
揚げると(フィリピンではこれらの魚の干物を「焼く」のではなく油で「揚げます」)
それはそれはものすごい異臭を放ちます。
今、フランスは連休中でご近所がお留守が多いこともあり、
待ってました!とばかりにJ-kunがこれらの魚を朝から揚げはじめました、笑。
この甘いものと塩辛いものの組み合わせって一体....。

全体的な感想は、

「食べられないことはないけど、すすんでは食べません。」

という感じでしょうか。
そんなわけで、J-kunには「お次はお一人でどうぞ。」と伝えました、笑。
ごめんね、J-kun.

さてさて、「チョコレート粥」にご興味がある方はいらっしゃいますか?

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-22 20:28 | Mabuhay!フィリピン

夜泣き
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

ついこの間「9ヶ月になりました」って日記に書いたと思ったら、
昨日で、仁奈は満10ヶ月になっちゃいました。はやいものですね〜。
例のごとく、大嫌いな(←仁奈がね)Dr.Cで定期検診を受けてきましたが、

体重:8.9kg
身長:74cm

という具合で、相も変わらずグラフのど真ん中に位置し、
Dr.Cには「ブラボー、マモン!(ママ)」と。
今回「も」Dr.Cを見た瞬間から大泣きだった仁奈、笑。
測定を終えて水疱瘡の予防接種をチクンっとお尻に刺す時まで、
ず〜っと泣いておりましたよ。
いつまでたっても、Dr.Cのことは好きになれないのね、仁奈さん。

今回は、ここ2週間ほどから起こっていることについてちょっと相談をしてみました。
それは、

「夜泣き」

とうとうきちゃいましたね〜。この時が。
まぁこれも「成長の過程」であると思えばいいのですが、
毎晩「ひぃ〜!!!」と半分ねぼけた状態で泣く仁奈を見るとかわいそうで。
しかも、ベビーベッドの上で目をつぶって泣きながら立って私を待っているのですよ。
そして抱っこをしても、カラダをのけぞってしばらく泣き続け、
大抵5分くらいでまた眠りの世界へ。
ひどい時は、これが夜3回から4回くらいあります。
Dr.Cにその話をすると、

「泣いても、部屋に入っていっちゃダメ!抱っこもしちゃダメ!20時に寝かしつけたら、それでおしまいっ!!!!L'education(教育)ですよ、L'education!!!
あとで絶対にボクに感謝する日がくるから!」

なんて言われてしまいました。
ええぇぇ〜、泣かせっぱなし〜???
ベビーベッドで立って泣いている娘を放ってはおけません、泣。

そんなふうにちょっと肩を落としていたら、
J-kunダディーがネットでまた色々と調べてくれました。
この「夜泣き」すなわち英語で「Night Terror(夜の恐怖)」と呼ばれるものは、
カラダの仕組み的な点で見ると、
「浅い眠り」と「深い眠り」の間で起こるものらしいですね。
日中、極度の興奮状態にあったり、疲れ過ぎたり、または何かの成長過程によって、
この間の中途半端な眠りが長くなってしまうことがあるとか。
だから、起きているんだか寝ているんだかよくわからない状態が続いて、
「ひぃ〜!!」ってなっちゃうそうな。
また、最近では離乳食をやっておっぱいをやった後、
私の腕の中で寝てしまうことが多くなってきたので、
夜半分ねぼけた状態で起きて、
自分が寝た時と違う状況にあることを気づいて「ひぃ〜!!」ってなっちゃう、
というのもあるそうです。
(うちは、うまれた時から「添い寝」ではなく「別室寝」です。)

そのためには、まずは寝る直前には必ずベッドに移すこと。
そして、「浅い眠り」と「深い眠り」の間の眠りに入る直前に一度軽く起こしてあげて
(これをするためには、夜泣きのパターン/時間帯を把握する必要がありますが)、
すんなり深い眠りに入れるように手助けしてあげる必要があるらしいです。

なるほどね。
Kanaboマミー、理論はわかりました。
早速今晩から実践です!
f0099556_22303074.jpg

公園で、バゲットむしゃむしゃ中〜、笑。
仁奈さん、今あなたの頭の中ではどんなことが起こっているんだろうねぇ。
はやく夜ず〜っと寝られるように手助けしてあげるからね。

*先輩ママさん&パパさんのみなさま。
ご経験上、「夜泣き」に良い解決方法があったら、ぜひ教えて下さ〜い。

f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-21 22:01 | 子育てライフ

Beat it !
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

先週の日曜日のこと。
小雨が降る中、私はこんなものに参加してきました。
f0099556_2125932.jpg

Handicap Internationalという団体によって開催された2kmのウォーキング、
5kmと10kmのマラソン大会。
そうです。妊娠・出産後はじめての、約2年ぶりの大会参加!
私は5kmコースに、J-kunは10kmコースに参加。
この日のために、2ヶ月前からゆっくりマイペースにトレーニングをしてきた私。
華麗なるマラソン大会復活のために、最高の天気を期待してたのに、
残念ながら当日はあいにくの雨。なんでじゃ〜。
まっ、でもこういう大会は大抵は雨でもやることが多いので、
事前に買っておいたおニューのランニングウェアに着替えて、J-kunと仁奈といざ出発!
今回は私もJ-kunも入れ替わりで走ることになっていたので(仁奈がいますからね、笑)、
カメラは持参せず。そんなわけで走っているところの写真はありませ〜ん。

この大会、障害者をサポートする団体が主催するもので、
障害者とともに一緒に走るという大会でした。
その名も " Courir Ensemble ;一緒に走ること" 。
車椅子の人、知的障害を持つ人、そして盲目の人など様々な障害を持つ人が参加。
この大会参加費用は全てHandicap Internationalの団体に寄付されます。
障害を持っていても、こうして走ることを楽しむ人がいっぱいいることを目の当たりにして、改めてとても刺激を受けました。何事にも諦めずにチャレンジしなきゃね!

J-kunが作ってくれた5km用の曲ミックスの入ったi-podをつけ、スタート地点に立つ。
そうそう、このワクワク感が好きだったんだ。
スタートの合図がなり、いざスタート!
気づくと雨もすっかりやみ、ひたすら、走る、走る。

私が走ることが好きな理由は、走っていると「無」になれるから。
ある意味「自分との静なる戦い」といった感じ?
走っている時は、とにかくなんにも考えずに前に前にすすむ。
そんな中、後半ラストスパートをかけるあたりに、i-podからこんな曲が流れてきた。

" Beat it 〜♪"

そうです。あのマイケル・ジャクソンの「Beat it」。
曲のセレクションは事前にはJ-kunから聞いていなかったので、
思わず吹き出してしまった。
おいおい、J-kunよ。ちょいと古すぎやしないかい?笑
でも、この曲のおかげか(?!)、最終的には自分のベストタイムでゴールし、
233人中84位、私の年代の女性68人中15位という好結果になりました。
いや〜、気持ちよかった!
この走った後の爽快感も最高!

さて、セミマラソン復活まではまだまだ遠い道のりだけど、
これからもBeat it ! で走ることを楽しもうっと。
お次はどの大会にでようかな〜♪
まだまだフランスではマラソンシーズンが続きますよ〜。
フランス人、走るの...好きだからねぇ。
f0099556_22213097.jpg

結局この日の夜は、こんな快晴に。これ、夜の8時よ、8時。
次の大会は晴れますように!

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-19 22:00 | パリの生活

パリのアパルトマン
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

今回の姉一家の2回目のパリ訪問にあたって、
前回は我が家のゲストルームに泊まってもらったものの、
既にその部屋は仁奈の部屋になっているため、
近所に短期貸しのアパルトマンを借りることに。
f0099556_481100.jpg

いかにもパリ!といったイメージのアパルトマン。
これはいわゆる「アウスマン(オスマン)スタイルの建築」とよばれ、
19世紀にジョルジュ・オスマンという知事が取り組んだパリ大改造計画の一環として
多く取り入れられた建築スタイルである。
パリのほとんどのアパルトマンがこのようなスタイルといっても過言ではなく、
やはり一度はこんなアパルトマンに住んでみたいと憧れたりする。

まずは木造のらせん階段をおいっちらおいっちらと上がる、笑。
(エレベーターもあったのですが、姉一家が泊まったところは中2階で、階段でしか行けず、泣)
f0099556_4175090.jpg

そして、いざ家の中に入ると、まさにルネッサンス〜♪なお部屋が。
f0099556_4221441.jpg

うっほっほー。
ちなみに、こちらはソファーベッド。
f0099556_423511.jpg

素敵じゃな〜い♪
f0099556_4243376.jpg

とっても優雅な気分になってしまう。
f0099556_4273469.jpg

そして、ダイニングルームはこちら。
f0099556_425635.jpg

ダイニングの壁には、こんな陶器の暖房も。
似たようなものを、アルザスで行ったお城で見たような。
これって、食べ物をあっためておくものなのでは?
f0099556_4305541.jpg

アパルトマンの中は、昔ながらの装飾もそのまま残っている。
f0099556_4285236.jpg

そして、家具類もどこまでもアンティーク。
f0099556_433644.jpg

とってもブルジョワな香りがする、笑。
f0099556_4344141.jpg

中でも、オーナーのコレクションであろうこれらのものが気になった。
f0099556_4354878.jpg

古本。
どれも19世紀初期の古い古い本。
これ、売ったらどんなお値段がするんでしょう...、笑。
f0099556_437140.jpg


キッチンとお風呂場(兼トイレ)はモダンなものに改築されており、
生活はしやすくなっている。
パリに旅行に来てホテルに泊まるのもいいけど、
1週間以上の滞在ならこんなパリのアパルトマンに泊まるのも素敵♪

こんなパリのアパルトマンで一週間を過ごした
私のかわいいマドモワゼルとプチムシューは、
本日パリを発っていきました、泣。
写真、ボケてるけど...。
f0099556_4424132.jpg

このアパルトマンの前を通るたびに、Kanabo叔母は二人を探してしまいそうだわよ。

また会えるの楽しみにしてるね♪

f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-15 20:03 | パリの生活

美意識
f0099556_820289.gif
今日も応援クリックを♪

春も終盤にさしかかり、この時期にぜひとも行きたいのがこちら。
f0099556_60615.jpg

ノルマンディー地方はGiverny ジヴェルニーにある、印象派の画家クロード・モネの家。
1883年から1926年に亡くなるまで過ごしたこの家は、
自身が「最高傑作」と呼んだ花と水の庭が特に有名である。
f0099556_612193.jpg

前に行った時は、秋の時期で、それはそれで美しかったけど、
やはり春の時期の花の種類の多さと色彩の美しさは驚くほどのもの。
f0099556_6152886.jpg

今までに見たことないような花や色合いがいっぱい。
f0099556_6161137.jpg

残念ながら「薔薇」はまだつぼみが硬かったけど、運良くこちらを見ることができた。
f0099556_6175322.jpg

この見事な藤の花を見て下さい!
気づくと、この紫系統の花が多かったように思えた。私の好きな色だわ〜。
f0099556_6201942.jpg

そりゃぁね、こんな庭を毎日見てたら、絵も描きたくなるわな〜。
と思っていると、案の定あちこちに学校の課外授業で来ている生徒さんたちがいっぱい。
f0099556_6224386.jpg

この子達って、
「さぁて、今日の美術の時間は『モネ』についてお勉強しましょ〜。
それではまず、『モネの家』に行っちゃいましょう♪」
ってなノリで来ているんだろうなぁと思うと、本当にうらやましい限り。
そして、これらの子たちに感化されたのか、姉一家による写生大会も始まった、笑。
f0099556_6273479.jpg

上手に描けてるね〜♪
f0099556_6281234.jpg

一家四人がそれぞれ描いた絵を「一枚の額」に入れるのだとか。
なんとも、いいアイディア。
彼らの写生大会が行われている間、Kanabo家もこの美しい庭をしっかり堪能する。
仁奈にも美しいものは美しいとわかるのかな?
f0099556_6305515.jpg

花を眺めながら、ニコニコする仁奈。
f0099556_659426.jpg

と、思いきや、いきなり

ムシッ!!!

ひぃ〜!!!!花をむしっちゃったよぉ〜!!!ごめんなさい、お花さん、泣。

なになに今度はこっち?何かキレイなものがあるの?
f0099556_72833.jpg

すると...
f0099556_724516.jpg

竹の柵をビンビン叩きながら喜ぶ仁奈、笑。お〜い。
また、抱っこしてカラダを傾けるほうに近寄ってみると....
f0099556_7224416.jpg

鉄柵のポールの穴を覗き込む...爆。

仁奈さん、あなたの「美意識」が目覚めるのは、
もう少し先だわ...ね、笑。
f0099556_7304551.jpg


f0099556_820289.gif
フランスの風が届いたら応援クリックを♪
[PR]
by kanabo73 | 2009-05-13 20:55 | パリから日帰り


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ