タグ:20区 ( 2 ) タグの人気記事

パリでお墓参り

人気ブログランキング参加中。応援クリックをお願いします♪

昨日は11月1日Toussaint 諸聖人の日。
この日は、フランスはもとより、カトリック教国では「お墓参り」をする習慣がある。
それではということで、J-kunと一緒にお墓参りをしにいくことに?!一体どこへ?
こちら、パリ最大の墓地、Pere Lachaise ペール・ラシェーズ墓地であります。
f0099556_5303049.jpg

前々から行きたいと思っていたこのペール・ラシェーズ墓地。
過去200年以上に渡りフランスの文化や歴史に名を残した著名人が埋葬されており、
その墓を参るため、年間数十万人の訪問者があるほど、世界でも最も有名な墓地の1つ。
f0099556_5312413.jpg

まず目を見張るのが、お墓のユニークなデザイン。
こんな、ゴシック調のミニ教会みたいなものもあれば、
f0099556_5321214.jpg

こんな、見事な柱に囲まれたもの、
f0099556_5325234.jpg

モザイク画やステンドグラスをあしらったものも。
まるで美術品を眺めているよう。
f0099556_5333318.jpg

イチョウの葉もすっかり黄色に染まり、秋の散歩を楽しむ。
f0099556_534280.jpg

ところどころに、お墓につきものの(?!)黒猫ちゃんも見かけました。
f0099556_5342848.jpg

お墓の中には、かなり面白いデザインのものももちろんあります。
こちらは、名無しのお墓。一体、何を表現したかったのか~?!
f0099556_5351647.jpg

唯一怖~い雰囲気を漂わせていたお墓。近づいたら今にも動き出しそうで、
私は一人でキャーキャー怖がってました、笑。怖くないぃぃ???
f0099556_5355035.jpg

こちらは、Victor Noir ビクター・ノワールというジャーナリストのお墓。
ナポレオン3世の従兄弟に射殺されて死んだそうで、その殺された時の姿の銅像が。
f0099556_5363290.jpg

こちらは、Francois Raspail フランソワ・ラスパイユというフランス革命時代の革命家で、
長い投獄生活を強いられていたため、お墓は牢屋をイメージしているとか。
f0099556_537358.jpg

広大な墓地の中は、地図を見ながら散策をする。
もちろん、著名人のお墓もしっかりお参りしてきましたよ。
こちらは、ルーヴル美術館に展示されているあの有名な巨大画『メドゥーズ号のいかだ』を描いた
Theodore Gericault テオドール・ジェリコーのお墓。
f0099556_537398.jpg

こちらは、『La vie en rose 人生は薔薇色』を歌った、Edith Piaf エディット・ピアフのお墓。
f0099556_538134.jpg

こちらは、アイルランドの人気劇作家Oscar Wilde オスカー・ワイルドのお墓。
f0099556_5384114.jpg

今も尚数多くのファンがいることは、これらのキスマークからもよくわかる。
f0099556_539973.jpg

まだまだこの他にもいっぱいの著名人、政治家などのお墓はあるが、私たちが一番感動したのはこちら。あの名作曲家、Frederic Chopin フレデリック・ショパンのお墓。
f0099556_5394061.jpg

いっぱいのキャンドルを見つめながら、頭の中で大好きなショパンの曲が流れる。
鳥肌ものでした….。感動~。
f0099556_5411554.jpg

この日はToussaintだっただけに、墓地にはお参り客がいっぱい。
ガイド付きのツアーでまわる観光客そして地元フランス人はもちろんのこと、
家族揃ってお墓参りをする姿もあちこちに。

ちなみに、フィリピンでもこのAll Saint’s Dayにお墓参りをする習慣がある。
前日の夜、すなわちハロウィーンの夜からお墓に家族で行き、
ピクニックシート、テントを張って、夜からワイワイ大騒ぎ。
そして一夜をお墓のそばで皆で過ごし、次の日に祈りを捧げてお参りをする。
「お墓参り」というと、なんだか少し寂しいイメージがあった私だけど、
こうして賑やかに行うのって、なんだかいいよね。
亡くなった後も、死者と一緒にパーティー。

ペール・ラシェーズ墓地も、不思議と寂しさを感じさせない墓地だった。
主要なお墓をお参りして、たっぷり2時間。
素敵な秋のお散歩でした♪
f0099556_5435464.jpg


フランスの風が届いたら、応援クリックをお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-11-02 19:53 | パリの散歩道

日本と中国の間にあるもの
まだまだパリ未開拓エリアの探索は続きます。
パリ20区のGambetta近辺をぶらぶら歩いていると、偶然こんな道に出会ってしまいました。
f0099556_1130027.jpg

その名のとおり、「日本通り」。
前にパリには「京都広場Place de Kyoto」」「東京広場Place de Tokyo」がある話はしたが、まさか「日本通り」なるものがあるとは知らなかった。
でもその通りは...フツウの道(笑)。
f0099556_11321446.jpg

おかしなことに、そのすぐお隣の通りの名前は「Rue de la Chine 中国通り」。
なぬ?それじゃ、「韓国通り」「台湾通り」なんてのも近くにあるのかしら?なんて思ったけど、それはなかった(笑)。

日本通りと中国通りに間に挟まれたところには、小さな公園が。
なんとなくそれぞれの国を思い起こすような花があちこちに。
f0099556_11354228.jpg

見事な真っ赤なツツジ。
f0099556_11363266.jpg

これもツツジの一種なのかな。
f0099556_1137372.jpg

花に見とれていると、突然パリのイメージにはないものが目に飛び込んできた。
f0099556_11393919.jpg

それは石でできた卓球台。
マイラケットを持った中国人の少年たちが熱心に遊ぶ。
f0099556_11414717.jpg

石と鉄でできているからか、なんとなくモダンにみえてしまう。めずらしいよね。
この20区は、パリのもう一つのChina Town ; Belleville ベルヴィルが近いこともあり、中国人も多く住んでいるとか。それで中国の国民的スポーツである卓球の台が置かれているのかなぁ...。

パリには、こんな別の顔もあったりする。


お楽しみいただけたら、応援クリックお願いします♪
[PR]
by kanabo73 | 2007-04-19 11:53 | パリの散歩道


愉快なフィリピン人夫と2008年7月に生まれた娘と一緒にのんびりパリ暮らし。フランス生活・旅行情報満載!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ読者の皆様へ
コメントはお気軽にどうぞ!尚、このブログの文章及び写真の著作権はKanaboにあります。無断転用・転載はお断りします。いたずらコメント・トラックバックなどは、予告なく削除させていただきますのでご了承下さい。
パリ情報便利サイト
ライフログ
いまパリ何時?
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
その他のブログ